banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

シノアメリカン ミヤンマー投資プランを改訂する

シノアメリカン ミヤンマー投資プランを改訂する

シノアメリカン ミヤンマー投資プランを改訂する

台湾に本社を置く電子部品製造業者であるシノ・アメリカン・エレクトロニック社はミヤンマーでの投資に弾みをつけるに当たりシンガポールでのジョイント・ベンチャー企業を開設することを発表した。

先週、証券取引所にてこのベンチャー企業の設立はミヤンマーにおける東南アジアの製糖工場へ投資を行うジョイント・ベンチャー企業を設立させるのが目的であると語った。

同社による対ミヤンマー投資は当初9月に発表され、シノ・アメリカン社によると投資総額は210万ドルを上回ることはないとのこと。

9月には、台湾糖業公司とのサトウキビ事業開発及びミヤンマーでの製糖工場投資への協業に関する基本合意書(LOI)署名を行ている。

 

記事番号:2013103027
【2013年10月30日(ヤンゴン)記者Sherpa Hossainy】

 

ホームに戻る