banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーが環境戦略を公表へ、2016年内めどに

2016年内にミャンマーで環境戦略を公表へ

天然資源・環境保護省によれば、ミャンマー国内の政府関連のプロジェクトや投資ビジネスが拡大するなか、環境保護を目的とした国家環境戦略(National Environmental Strategy)が2016年末までに公表される予定だ。

天然資源・環境保護省は持続可能な環境保護という目標を掲げ、地域に密着した組織や環境保護の専門家らからさらに助言を求めている段階だ、と環境開発局局長のKyaw San Naing氏は語る。

ayeyarwaddy-river-myanmar

(写真)エーヤワディ川。世界銀行によれば、エーヤワディ河川流域総合管理計画は農業等水に依存する暮らしを送る何百万人の貧しい人々の役に立つと期待されている。

「枠組みは環境保護に関連する全戦略に渡ります。戦略を公表後、環境関連の他の政策も発表していく予定です。政府当局は保護活動を展開したり、投資ビジネスに対する承認を提供するなかで環境保護に対する責任を負わなければなりません」とKyaw San Naing氏は語る。

国連開発計画(UNDP)もミャンマーの環境保護戦略に協力

今回の国家レベルでの環境保護に対する戦略は、1994年の同様の政策の詳細を改良したものだ。国連開発計画(UNDP)は国家レベルの戦略やワークショップに対して技術支援を行う。

「戦略に基づく投資ビジネスを展開する前に、環境保全の枠組みが環境評価に対する指針となります」と世界自然保護基金(WWF)ミャンマーのグリーン経済計画幹部である Sai Nay Won Myint氏は言う。

ミャンマーの各省庁でも環境保護方針を見直し

ミャンマー天然資源・環境保護省は全国的に環境戦略のほか、グリーン経済、気候変動、廃棄物管理に関する政策を施行している。政策は現在公表前に修正が加えられている段階だ。

国民民主連盟(NLD)が主導する政府は1年間の木材の切り出しの禁止、有効期限が失効したヒスイや宝石発掘ビジネスライセンスの一時発行停止や森林回復計画を含む、10年間にわたる環境保護計画を展開している。

元記事:Environmental Strategy to be Unveiled This Year
【2016年9月1日 記者:Phyo Thu】

<関連リンク>

国連開発計画(UNDP)

<ミャンマーの環境関連ニュースも合わせてどうぞ!>

【特別コラム】ミャンマーの森林破壊、東京ドーム11.6万個分が被害
【特別コラム】ミャンマーの熱帯雨林を守れ。プランテーション開発停止を求める声
ミャンマーでオーガニック農産物を生産拡大の動き

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る