banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

縫製に特化した新経済特区をミャンマー産業省が設立へ

ミャンマー産業省、繊維・衣料品業界向け経済特区を模索

ミャンマー政府当局によれば、産業省は繊維・衣料品事業向けの経済特区を新たに設ける予定だ。

「経済特区を設けることについて一連の会合は8月に行われました。基本的にはプロジェクト第一段階の話をしました。政府は経済特区向けに3,000エーカーの土地を用意する予定で、現在場所の選定を行っています」と産業省室長のThein Lwin氏はミャンマービジネストゥデイに対して語った。

myanmar-garment

(写真)ヤンゴンのラインタヤー工業団地の衣料品工場で服を仕立てる労働者ら

新しい経済特区は元々マンダレー地方域のTadaoo周辺に予定されていたものの、交通の問題により他の場所を検討せざるを得なかったという。

新経済特区の開設で高品質の繊維製品がミャンマーでも製造可能に

経済特区を設けることに賛同する人々は、国際市場に進出ため国際基準に合う高品質の繊維関連製品を製造することができると自信をのぞかせる。

「地元の繊維製品は地元市場のみを対象につくられています。品質の良い製品をつくることができるとしても、適切な縫製技術をまだ持ち合わせていません。経済特区が組織的に設立されれば、繊維関連ビジネスは自然とここに集まるでしょう。繊維業界にとっては良いことだと思います」と、ミャンマー繊維製品製造者協会に加盟するMyo Aung氏は言う。

ミャンマー繊維製品製造者協会は、ミャンマーの繊維製品関連ビジネスを組織化することで、国内の繊維製品・衣料品事業を強化することを目的として2016年6月に産業省により設立された。

元記事:Ministry of Industry Seeks Special Zone for Textile, Garment Industries
【2016年9月14日 記者: Moh Moh Kyi】

<ミャンマーの製造関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマーの衣料品業界、1兆円輸出の妨げとなる労働問題
ミャンマーでオーガニック農産物を生産拡大の動き
【特別コラム】海外で搾取されるミャンマー人メイドたちの今

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る