banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

【ヤンゴン・ルポ】様々な面で感じる、ミャンマーの観光地への変化

ミャンマーは今まさに『旅行しやすい国』に変貌している

こんにちは、2年半ほど、アジアで放浪生活を続けているくみです。(ブログ:http://jp.kumi-log.com)2016年5〜6月にミャンマーを訪問した時に感じた事を『ヤンゴン・ルポ』として寄稿させて頂いています。

目次

  • 1 『ミャンマーに早く行かないと、ホテル代が高騰して大変だ』
  • 2 思ったよりも安く、高騰状態にはなかった宿泊代
  • 3 バガンに西洋人向けの洗練されたホステルができていた
  • 4 ミャンマーが観光に向けますます開かれていく事を実感

『ミャンマーに早く行かないと、ホテル代が高騰して大変だ』

こんな事を言われた経験はないでしょうか。

ヤンゴンの発展に伴いホテル代がどんどん高騰しているから、ミャンマーには今のうちに、出来る限り早く行った方がいい。2014〜2015年にかけて、私は何度か異なる人からそんな風に言われた記憶があります。

残念ながらそれまでのミャンマーを私は実際に知らないのですが、今回訪れるまで、私の中に『ミャンマーは宿代が高く、どんどん値上がりしている』という先入観がすっかりできていました。

思ったよりも安く、高騰状態にはなかった宿泊代

ところが、今回ヤンゴンを訪れたところ、事前に聞いていたような状況では全くなく、肩透かしをくらいました。
確かに他の東南アジアの都市と比べると、比較対象によってはやや高いと思う事もなくはないですが、取り立ててヤンゴンは高い!と言いたくなるような値段ではありません。

ヤンゴンのホステル

今回ヤンゴンで泊まったホステル。シングルルーム25USドル、ドミトリー13USドル程度。

どうも、2014〜2015年にかけて高騰した宿泊相場が、2015年後半ほどから?、以前のように落ち着いてきたという事のようです。原因の考察まではできていないのですが、これがヤンゴンの外国人観光客の増加に寄与するであろう事は間違いありません。

実際に来るまでは『両替はUSドル新札のみ、SIMは高額で入手が大変、宿代は高騰中』と、どこを切っても手軽な旅行先としては聞こえなかったのですが、来てみればATMもあるしチャット入手はそんなに困らず、トラベラーズSIMもモバイルデータプランもあり、宿代も普通の東南アジア並みと、ミャンマーは今まさに『旅行しやすい国』に変貌しているのだな、という印象を受けました。

バガンに西洋人向けの洗練されたホステルができていた

さて、この時はヤンゴンだけではなく、世界三大仏教遺跡のひとつと称されパゴダの点在する神秘的な光景で有名な、マンダレー地方にある都市・バガンも訪れました。

バガンの風景

前半はリーズナブルと聞いていたニャウンウーの町、後半は少し高めと聞いていたニューバガンに泊まりました。
(余談ですが、6月という特に祝日のない時期にも関わらず、バガンでは何人もの日本人観光客を見かけました。バガンの人気の高まりを感じました)

ニャウンウーでは普通の値段相応と思える宿に泊まりましたが、ニューバガンに来て驚きました。とても洗練された、欧米人の集まるホステルがありました。このような雰囲気のホステルがバガンにあるとは。ニャウンウーの様子からは全く想像していませんでした。

ミャンマーっぽいか?と言われたら私の答えはNoですが、ゲストの参加できる様々な日替わりイベントや居心地の良い広めの共有スペースなどが設けられた、魅力的な宿泊施設です。

高めのホテルに滞在する層といわゆる安宿に宿泊する層との間の、節約して旅行はしつつバックパッカーよりも経済力を持つ外国人観光客(近年ではフラッシュパッカーと呼ぶそうです)を、国外からバガンに充分呼ぶ事ができるだろうな、と思いました。私が滞在していた間は、雨季にも関わらず多くのゲストで賑わっていました。

バガンの西洋人向けホステル

ツイン/ダブル45USドル、ドミトリー18〜22USドル。レストラン・バーが併設されています。

このホステルは2015年の2月にオープンしたそうで、元々はイタリア・ミラノのホステルグループなのだそうです。このようなレベルの宿泊施設ができる事で、この地域のホテルのレベルがますますあがっていくのではないかと思えるクオリティでした。

ミャンマーが観光に向けますます開かれていく事を実感

初めての訪問なのでミャンマーのたどってきた流れをまだ把握できていないところがありますが、今回見た範囲では宿にしても前回取り上げたSIMにしても、ミャンマーは外国人向けの観光地としてかなり魅力的に整ってきているのだなという事を強く感じました。

ヤンゴン〜バガン間の長距離バスも他の東南アジアに比べ非常にサービスとコストパフォーマンスが高く、満足の行くものでした。

旅行者として不満があったところといえば、電気・水道・道路状況・インターネットなどの生活インフラですが、言い方を変えれば、あとはインフラが向上すれば外国人向けの観光地として大変化けるのではないでしょうか。

観光客が多くなればそれに伴う変化や起こる問題も出てきますので、その時ミャンマーがどのように変わっていくかというのは懸念としてあるとは思いますが、大きな変化のうねりにいるのだろうというその事だけは、初めて訪れた私でも肌でびりびりと感じる事のできたミャンマー訪問でした。

___________________

※はじめてヤンゴンに行く場合、パゴダ(寺院)巡りなどが定番。現地オプションツアーを提供するVELTRA では、日本語ウェブサイトから現地を案内する日本語ガイドや車の貸切り手配が可能です。日本語で事前予約も可能でき、はじめてヤンゴンを訪れる場合は現地理解を深めるためにもオススメです。

<くみさんのヤンゴン・ルポ別記事も合わせてどうぞ!>

【ヤンゴン・ルポ】高速輸送システム・BRTに乗車してきました!
【ヤンゴン・ルポ】モバイルインターネット、ツーリストSIMとLTEを試してみました
ヤンゴンのホテル稼働率は約4割程度、宿泊料金も引き下げ傾向に

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る