banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーのミレニアル世代、ロボットの産業界進出を予測

ミャンマーのミレニアル世代の将来のキャリア、デジタル技術、ロボットによる置き換えに対する考え方:調査

ミャンマーの若者が「将来のデジタル技術がもたらす見通しが楽しみである一方、2020年には人としてのスキルが未だ優先される」と考えていることが6カ国を対象に行われたオンラインの調査で明らかとなった。

調査ではミャンマーやアジアの若者はテクノロジーの重要性を認識しているものの、自身のキャリアを成功に導くためにはテクノロジーと人的技術の両面が必要だと考えていることが認められた。

myanmar-youth-power

ミャンマーを含むアジア6カ各国を対象として行われたTelenorグループのオンライン調査ではデジタル技術関連の職業に対する関心は大変高く、全回答者が「ロボットが将来仕事の一部を担うこととなる」と述べた。

調査では将来のキャリア、技術がもたらす影響と将来の職業に備えてどのようなスキルが必要とされるかに関して、ミレニアル世代の考え方を評価した。

ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。 ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味。 おもに米国で1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されています。

多国間にわたる「将来の仕事」に関する今回の調査はミャンマー、バングラデッシュ、シンガポール、マレーシア、インド、パキスタンの6カ国で15歳から25歳の4,200人の若者を対象として行われた。

ミャンマーではミレニアル世代の69%がインターネットやデジタル技術の将来に向けたチャンスに対して「楽しみ」である一方、13%の人々が「楽しみだが注意深く見守るとしている」と回答した。

ミャンマーの若者もロボットの産業界台頭を予測

回答を寄せたすべてのミャンマーの若者は参加した他のすべての国と同様に、ロボットが将来多くの職業において人間にとって代わるだろうと答えた。どの職業においてロボットが人間の代わりとなる確率が高いかとの質問に対しては、地元ミャンマーの41%の回答者が製造業やエンジニアリング業界が最も機械にとって変わられるだろうと答えた。

またミャンマーのミレニアル世代は技術が牽引する未来に関して高い関心を示した。ミャンマー、パキスタン、バングラデッシュ、インドのすべての若者は「技術のあらゆる面を理解することが大切で、できる限りのことを学びたい」との質問に同意した。この内ミャンマーの若者の回答者は34%と4カ国の中で最も多い割合を示した。

「若者が技術やそれによりもたらされるチャンスに対して敬意を表しているだけでなく、自分自身も思いやりがあり、大変想像力があると考えていることは素晴らしいことです。技術やインターネットが自身のキャリアにとって極めて重要と考えているだけではなく、大変興味深いものであるということは非常に意欲的なことだと言えます。有能で前途有望な若者が、活気溢れるこの地域で将来の仕事に対して大きな貢献を行おうとしていることは、Telenorグループのアジアに対する見方と全く同じです」とTelenorグループデジタル能力人材育成部を率いる佐藤氏は語る。

元記事:Myanmar’s Millennials Assess Future Careers, Digital Technology Impact And Robotic Replacement Risk: Survey
【2016年10月17日 記者:Thant Zin 】

<ミャンマーのテクノロジー関連ニュースも合わせてどうぞ!>

Telenorの通信ネットワーク、ミャンマー・ラカイン州で拡大
【特別コラム】スマートフォンがミャンマーの生活を変える
ミャンマーのドローン開発

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る