banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ヤンゴンのコンドミニアム開発事業者、当局の政策で逆風に直面

ミャンマーのコンドミニアム開発事業者ら逆風に直面、柔軟な支払い計画を提供へ

ミャンマーのコンドミニアム市場は昨今のヤンゴン地元当局による高層ビル建設停止を受けて新たな逆風に直面している。

「開発事業者はプロモーションの実施や賃貸用アパートの販売を通して事業の方向性を再考するべきだ」とColliers Internationalミャンマー支社による半年ごとのコンドミニアム部門の報告書は提言する。

condominium-yangon-property

「この分野における将来の住宅供給は、販売進捗率をさらに押し下げることになる」と報告書は述べる。「とはいえ、Colliersは少なくとも2016年下半期に着手されるプロジェクトの数が限られるため、販売前在庫戸数から市場の回復が促進される可能性があるとも予測する」

ヤンゴンのコンドミニアム販売は前年同期比36%減

ヤンゴン地域政府の介入の結果、新規は開発物件数は前年同期比で36%減となった。2,500戸以上から約1,600戸へ大幅な落ち込みを見せた。一方、販売も減退し開発事業者は政府の規制の内容が明らかになるのを待っている状態だ。

一時停止による物件の完成が先延ばしになるなか、コンドミニアム市場では高級物件が販売全戸数の65%を占めるなど供給過多に直面している。

住宅ローン市場の形成とコンドミニアム法の制定が待たれる

長期的に見ると、長期貸付によるミャンマーでの住宅ローン市場の形成と、最終的にコンドミニアム法が国会を通過することで「徐々に市場が前進する」と報告書は述べている。

Colliersは開発事業者が例えば柔軟な支払い計画を提供するなど、特別な販売活動を展開すべきだと提言する。

報告書によれば、開発事業者が建設をしているという証拠を提出するまで、支払いをためらう顧客もいるという。「結果的に開発事業者は建設を継続しながら政府と協議を続けざるを得ないのです」と報告は結んでいる。

元記事:Condominium Developers Face Headwinds, Should Offer Flexible Payment Schemes: Colliers
【2016年10月26日 記者:MBT Reporters】

<関連リンク>

ヤンゴン市開発委員会、高層ビルの新建設基準を策定

<ミャンマー不動産業界の関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマーのコンドミニアム供給が増加、今後の需給予測と販売価格
ミャンマー不動産協会、不動産ライセンスの発行を政府に要請
ミャンマーで建築基準厳格化の動き、ヤンゴン市開発委員会が主導

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマー不動産とインフラ整備・TOP

ホームに戻る