banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ヤンゴン郊外のレグで低所得者向け市街地計画が進行中

レグで新たな住宅計画が進行中

ヤンゴン郊外のレグ(Hlegu)・タウンシップで地方に住む人々向けに手頃な価格の住宅を提供することを目的として、新たなアパートメントや商業施設からなる市街地が開発されることをミャンマー建設省が明らかにした。

地元で住宅開発を手がけるMaharmate Kyalグループは建設省と手を組み、2016年内にプロジェクトに着工する予定だ。

「地方に住む人々の生活水準を改善することを目的としています。このような住宅開発プロジェクトが多く行われれば、居住の場が足りないという課題を減らし、人々の生活スタイルも改善されるでしょう」と、建設省都市住宅開発局Yu Khaing局長はミャンマービジネストゥデイに対して語った。

ヤンゴンの都市化と賃料高騰で、低所得者の暮らしは困難に

ヤンゴンにおける急激な都市化と法外な賃料により、低所得者は町の中心部を追いやられ、地方出身の移住者が不法居住者として貧しい生活を送らざるを得なくなっているのが実情だ。

不法居住者の数は500万人にのぼるとの試算も

レグに見られるような今回のプロジェクトはヤンゴン市郊外に住宅を供給することで、現在500万人以上いるとされる不法居住者に対する解決策となると見込まれている。

レグの開発予定地は約1万4,000エーカーの広さに及ぶ予定で、現在3,000人の人々が不法に居住している。当局は開発に取りかかる前に不法居住者の移転を促すという。

「現在開発予定地の居住者の移転を促し始めている段階で、完了次第プロジェクトに着手する予定です」とYu Khaing局長は述べた。建設省によれば、今回レグのプロジェクトを実施することで15万人の雇用が創出される予定だ。

元記事:New Housing Project At Hlegu in The Pipeline
【2016年10月4日 記者:Ei Thandar Tun】

ヤンゴンでは外国人向けのサービスアパート需要が高まる一方で、2014年前後より現地ローカル向けの住居も賃料高騰が続き生活苦が報道されています。詳しくは下記記事を参照ください。

ヤンゴンの不動産賃料上昇、労働者・学生たちの苦悩は続く

<ミャンマー不動産の関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ヤンゴン中心部のサービスアパート事情、稼働率は空前の高さを記録
三菱・Yomaがヤンゴン再開発事業「Landmark Project」に着手
ヤンゴン市開発委員会、高層ビルの新建設基準を策定

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマー不動産とインフラ整備・TOP

ホームに戻る