banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

中古車のスペアパーツが不足するミャンマーで部品の見本市開催

自動車関連の見本市でバス、バイク、スペアパーツを展示

2016年10月末ヤンゴンでMyanAuto 2016見本市が開催され、自動車業界から200以上の企業が出展した。

Myanmar Event Parkで開催される見本市では車両、スペアパーツ、サービスに関する展示を15カ国から来緬する企業が出展。ミャンマー国内の同種としては最大規模の見本市であるBus and Truck Myanmar 2016とMyanBike 2016と並行して10月28日から3日間に渡って開催された。

Yangon trafic jam

「巨大な国際企業がスペアパーツの展示だけでなく、車両修理の機械設備をもって、修理技術や経験を見本市で展示してくれるでしょう」と、業界団体であるMyanmar Automobile Manufacturers & Distributors Association副会長のMoe Kyaw Swar氏は開催前に語っていた。

さらに「ミャンマーは2012年に大規模な車両の輸入を始めたため、スペアパーツは車両にとって不可欠です。しかし、修理に必要なスペアパーツをどこで購入したらよいのか、また、どのブランドの品質が優れているのかを知るドライバーはわずかです。見本市が開催されることでユーザ間の認知度や知識レベルが高まることを期待しています」と続けた。

見本市にはマレーシア、シンガポール、タイ、中国、台湾からの出展者が集まり、8割のブランドがミャンマーではじめての展示となった。

元記事:Auto Exhibition to Showcase Buses, Bikes and Spare Parts
【2016年10月27日 記者:Ei Thandar Tun】

MyanAuto 2016会場の様子は下記のURLをクリックしてご覧ください。

MyanAuto 2016 (公式ウェブサイト)

<ミャンマーの自動車関連ニュースも合わせてどうぞ!>

日本の中古車、ミャンマー中古車市場で95%のシェアとの調査
ミャンマーで自動車ディーラーなど貿易カテゴリのビジネスが外国企業も参入可能に
ミャンマーの自動車業界、車両輸入時の車庫証明が必須に

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る