banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ティラワ経済特区、待望の製鉄所が2017年に稼働予定

ティラワ経済特区で初の製鉄所が2017年に稼働予定

オーストラリアを拠点とする製鉄技術・製造会社であるBlueScope Steel Ltd(ミャンマーでは NS BlueScope Myanmar Co., Ltdとして展開)がティラワ経済特別区で初の製鉄所をオープンする予定であることが同社により明らかにされた。

「金属被覆や鋼鉄の塗装だけでなく、地元からの要望が多く製造・建設業界で使用される装飾を伴う鋼製品も製造する予定です」とNS BlueScope MyanmarのThian Aun Goh会長は述べた。

BlueScope社はミャンマーでの展開に640万米ドルを投資しており、2017年7月中頃に工場の完成を目指している。

2016-2017年のミャンマーの経済成長率は7.8%前後になると見られており、一人あたりの鋼鉄の消費量は建設・製造業界の成長とともに伸び続けるとみられている。

ミャンマーでは各業界で鋼鉄が不足

ミャンマー国内の鋼鉄の65%は建設業界が使用しており、地元市場で品質の高い材料を利用することでミャンマーの建設業界にもメリットをもたらすと見られている。一方ミャンマーの自動車・オートバイ業界でも鋼鉄が不足しており、2013年の316万台と比較して2016年末までに国内で600万台の大量生産を行われているのが現状だ。

「工場の建設は、弊社の専門性と品質の高い製品をお客様に提供することで、ミャンマーの建設業界とミャンマーの経済全体の信頼関係が構築されている証です」とThian Aun Goh会長は語った。

元記事:Thilawa SEZ’s First Steel Plant to Feed Myanmar’s Hungry Industries
【2016年12月13日 記者:Ei Thandar Tun 】

<ミャンマーの工業関連ニュースも合わせてどうぞ!>

JFEエンジニアリング ミャンマーの鋼構造製作工場で初の出荷
ミャンマーのミレニアル世代、ロボットの産業界進出を予測
【特別コラム】ヤンゴンの縫製業界、EUの後押しで珍しい成功事例

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマーの金融と海外投資・TOP

ホームに戻る