banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

外資系企業、家畜飼料工場建設へ

ミャンマービジネス

外資系企業、家畜飼料工場建設へ

外資系企業は地元の家畜市場の開拓、家畜用飼料の不足軽減を目指して家畜飼料工場建設を手配中であると家畜・水産起業家は述べた。

ミャンマー水産連盟のU Win Kyaing氏によると、関心を持った企業の一つであるオランダを本拠地とする飼料複合企業、De Heus社は、ミャンマーに2015年には工場を建設することを目標としていると言う。

近年、ミャンマーの飼育市場では飼料生産の為の急激な原料不足に直面しており、その悲劇は不十分な交通インフラと電力難により輪をかけて悪化し、製品を完成させる為の費用を跳ね上がらせている。

飼料・水産業界内部者によれば、起業家が供給の溝を埋めようとしている間にもニセの家畜飼料が市場を氾濫していると言う。

また内部者は当局は消費者保護法によりニセ家畜飼料に対する防御しようと努力するべきであると述べた。

現在は、ミャンマーは国内供給を満たすためにベトナムから家畜飼料を輸入している。

ヨーロッパからのいくつかの家畜飼料会社はまた、タンパク質含有量の高い家畜の糞尿を利用した水産飼料生産を検討していると、家畜・水産起業家は述べた。

記事番号:2013111408
【2013年11月14日(ヤンゴン)記者:Phyu Thit Lwin】

<ミャンマーの生活関連ニュースも合わせてどうぞ!>

【特別コラム】スマートフォンがミャンマーの生活を変える
【ヤンゴン・ルポ】様々な面で感じる、ミャンマーの観光地への変化
ミャンマーでオーガニック農産物を生産拡大の動き

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る