banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー裁判所、外国の通信事業者がモバイル・マーケットを開拓するには

ミャンマー裁判所、外国の通信事業者がモバイル・マーケットを開拓するには

ミャンマー裁判所、外国の通信事業者がモバイル・マーケットを開拓するには

Vodafoneとオレンジ(フランスの携帯電話事業者)は、ミャンマーでライセンス取得の好機を逃した後に、世界中でひとつしかない未開発の電気通信市場への参入を狙っている。

グループの一部の主要な通信会社は、国営通信事業であるミャンマー・ポスト・テレコミュニケーション(MPT)と組んでいる政府により招かれた、この事に関してよく知っている人々はいう。

この計画は、携帯電話の利用者が10%以下の国で6月に補欠としてライセンスを獲得。オレンジと豊富な資金をもつVodafoneに非常に有力なセカンドバイトを提供することとなる。

しかしそれは50年におよぶ軍事独裁政権からの移行時期でもあるこの国の国営企業と協力することの不確実さを伴う半面もある。

「オレンジは最初の多数の入札の後、明らかにとてもよい立ち位置にいる、そしてVodafoneは資金がたくさんある」ヤンゴンにに拠点を置くアナリストはそう述べた。

「しかし、この取引は新しくライセンスを入手するよりも複雑なデューデリジェンスを必要とするでしょう。」

ミャンマーは外国の事業者にMPTと協力して民間企業を確立することを求め、現存する会社の調整機能から離れる、とプロセスをよく知る人々は言う。

シンガポールのSingTel社を含む他の会社に加えて、オレンジとVodafoneはアプローチし続けてきた。

オレンジとVodafone、そしてSingTelは今年の2つのライセンス入札に参加し獲得した。

 

記事番号:2013112136
【2013年11月21日(ヤンゴン)記者 MICHAEL PEEL & DANIEL THOMAS】

ホームに戻る