banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

エーヤワディ銀行 マスターカード・CUPを受け入れ

エーヤワディ銀行 マスターカード・CUPを受け入れ

エーヤワディ銀行 マスターカード・CUPを受け入れ

エーヤワディ銀行(Ayeyarwady Bank)は、国際取引・現金引出しが可能なATM設置のためマスターカードとチャイナ・ユニオン・ペイ(CUP)カードをの受け入れを開始した。

エーヤワディ銀行のU Phyo Aung常務取締役は、「地方ATMで現金引出しを行うための2社の受け入れ準備は既に完了している。これまで私達は2社の必要条件を円滑に満たしていけるよう、慎重に話を進めてきたのだから。12月からミャンマーのネーピードー・ヤンゴンを会場に行われる第27回アジア競技大会 (SEAゲーム)を控え、ミャンマーへの観光客や職員が多くやって来るのは必至で、様々な支援も行われるだろう。」と、ここまでの経緯について語った。

エーヤワディ銀行はネーピードーにベースを置き、ミャンマー国内に52の支店と、72のATMを設置。ファイナンシャルインクルージョン(金融サービスへの取り込み)の促進、現地通貨引出しが出来るATMの設置拡大、キャッシュレスの一般化を目標としており、今後の展開には期待が高まりそうだ。

 

記事番号:2013112806
【2013年11月28日(ヤンゴン)記者:Phyu Thit Lwin】

ホームに戻る