banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

シアム商業銀行、2014年度の融資額9〜10%の増加を狙う

シアム商業銀行(SCB)は、タイにおける資産額で3位のメーンバンクであり、2014年度の融資額の9〜10%増加を目指しており、本年度の10〜12%ターゲットから比べると緩やかとなっている。

SCBは、国家経済が4〜5%成長する前提で次年度において8〜9%増に達するよう金融部門全般での融資額の増加に期待をしているとKnnikar Chalitaporn頭取は述べた。

今年度の前半9ヶ月にて12%の融資額を増やした同行は、米連邦機関が先細の量的緩和制作を開始する以前に、少なくとも1億から10億の債権売却予定であると同氏は述べた。(ロイター)

 

経済・ASEAN 記事番号:2013120516
【2013年12月5日(ヤンゴン)記者:Manunphattr Dhanananphorn】

ホームに戻る