banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

経済

ミャンマーで第4の携帯通信会社が誕生へ

2017年末までに第4の携帯通信事業者認可へ

ミャンマー第4の携帯通信会社は2017年末までにミャンマーでのサービスを展開するための事業者免許を取得する方向で、これにより2014年以来市場を独占してきた3大企業は新たな競合相手を迎えることになる。

新しい事業者のブランド名は公表されていないものの、新会社はベトナムの通信事業者大手Viettelが49%、ミャンマーの企業らによる合弁企業が残りの51%を保有するとの見方が強い。

もっと読む

ミャンマーで最も多くの雇用を創出する通信業界

2016年、最も多くの雇用を行ったのは通信業界

求人ウェブサイトwork.com.mmは、2016年に最も多くの雇用を行ったのは好況の通信業界であったと、最新情報を公表した。

work.com.mmサイト利用者の分析調査によれば、携帯電話通信事業者を含む通信業界が同社のサイト上で最も多くの新規雇用を行ったことが明らかとなった。

もっと読む

ヤンゴン地域に第2の経済特区(SEZ)着工へ

2018年にヤンゴン地域における新たな経済特区着工へ

郡区長らと国家顧問アウンサンスーチー氏との間の会合を受けて、ヤンゴン郊外に第2の経済特区が設けられていることが複数の国会議員の話の結果明らかとなった。

今回の経済特区はすでに7億6千万米ドルの投資額を誘致しているヤンゴン中心南東部にあるティラワ経済特区に続くものとなる。

もっと読む

ミャンマーでクリエイティブ産業の後押しに、知的所有財産権法の必要性を訴え

手工芸品メーカーら、クリエイティブ産業を後押しすべく知的所有財産権法の必要性を訴える

ミャンマーの手工芸品の起業家らは芸術家・ミュージシャン・手工芸品分野における先駆者を守るべく、政府に対して知的財産権を守るための法整備を早急に進めることを求めた。

「手工芸品分野も含め、知的財産権はミャンマーではなくてはならないものである」と、Myanmar Arts and Crafts Association事務局長のDaw Ei Ei氏はヤンゴンで行われた記者会見で語った。

もっと読む

ホンダ、東南アジアの配車サービスGrabと提携

本田技研工業、配車サービスGrabと提携

東南アジア地域で配車サービスを提供するGrabは12月19日、本田技研工業(以下ホンダ)が同社に対して投資を行ったことを明らかにした。過去に発表された7億5千万米ドルの資金提供の一部として、オートバイ配車サービスにおける協力行う。

自動車市場における車の個人保有からの移行への防衛策としてヴォルクスワーゲン、トヨタ自動車、ゼネラルモーターズ等の各社が、カーシェアリングサービスを提供する企業と合意に至る中で、今回の提携は自動車業界における提携としては最も新しいものとなる。

もっと読む

マンダレー不動産販売が伸び悩み、新税率の影響を懸念

不動産業者ら、新税率区分のマンダレー不動産販売に対する影響を懸念

マンダレーの不動産業者らは、新税率区分によりマンダレーの不動産市場の売上げが伸び悩んでおり、過去2年間の不透明な市場の回復を不安定なものにしているとの懸念を示している。

「ミャンマー国税局による不動産の評価額が高すぎるために、地域政府により設けられた新税率区分が多くの人々に不動産売買における高値の取引を強いている」と不動産仲介業者らは言う。

もっと読む

ティラワ経済特区、待望の製鉄所が2017年に稼働予定

ティラワ経済特区で初の製鉄所が2017年に稼働予定

オーストラリアを拠点とする製鉄技術・製造会社であるBlueScope Steel Ltd(ミャンマーでは NS BlueScope Myanmar Co., Ltdとして展開)がティラワ経済特別区で初の製鉄所をオープンする予定であることが同社により明らかにされた。

「金属被覆や鋼鉄の塗装だけでなく、地元からの要望が多く製造・建設業界で使用される装飾を伴う鋼製品も製造する予定です」とNS BlueScope MyanmarのThian Aun Goh会長は述べた。

BlueScope社はミャンマーでの展開に640万米ドルを投資しており、2017年7月中頃に工場の完成を目指している。

2016-2017年のミャンマーの経済成長率は7.8%前後になると見られており、一人あたりの鋼鉄の消費量は建設・製造業界の成長とともに伸び続けるとみられている。

ミャンマーでは各業界で鋼鉄が不足

ミャンマー国内の鋼鉄の65%は建設業界が使用しており、地元市場で品質の高い材料を利用することでミャンマーの建設業界にもメリットをもたらすと見られている。一方ミャンマーの自動車・オートバイ業界でも鋼鉄が不足しており、2013年の316万台と比較して2016年末までに国内で600万台の大量生産を行われているのが現状だ。

「工場の建設は、弊社の専門性と品質の高い製品をお客様に提供することで、ミャンマーの建設業界とミャンマーの経済全体の信頼関係が構築されている証です」とThian Aun Goh会長は語った。

元記事:Thilawa SEZ’s First Steel Plant to Feed Myanmar’s Hungry Industries
【2016年12月13日 記者:Ei Thandar Tun 】

<ミャンマーの工業関連ニュースも合わせてどうぞ!>

JFEエンジニアリング ミャンマーの鋼構造製作工場で初の出荷
ミャンマーのミレニアル世代、ロボットの産業界進出を予測
【特別コラム】ヤンゴンの縫製業界、EUの後押しで珍しい成功事例

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマーの金融と海外投資・TOP

ミャンマー政府、密輸業者の情報提供に対する報奨金引き上げへ

政府、密輸業者の情報提供者に対する報奨金を引き上げへ

商業省によれば、ミャンマー税関が密輸業者を捕まえるために情報を提供した者に対する報奨金額を引き上げる検討をしていることが明らかとなった。

現状ミャンマーでは、密輸業者の情報提供者へは押収物の10%相当、逮捕を行った密輸業者対応チームに対して10%の報奨を提供したのち、残りが国に収められる仕組みだ。

もっと読む

アウンサンスーチー氏、ヤンゴンの都市巨大化計画に修正求める

ヤンゴンの巨大都市計画に対してアウンサンスーチー氏、修正を求める

国際協力機構(JICA)はミャンマー最高国家顧問アウンサンスーチー氏の要求に基づき、2040年のヤンゴン市プロジェクトの計画改定を行うこと予定だと、JICAミャンマー事務所所長中澤慶一郎氏が明らかにした。

アウンサンスーチー氏は2016年11月に日本を訪問した際、増え続けるヤンゴンの交通渋滞の解消を目指し、2015年にヤンゴン地域政府に対して提出された都市開発計画にさらに修正を加えることを求めた。

もっと読む

ミャンマー国内の外資企業に対する貿易制限が緩和の見込み

海外ベンチャー企業に対する貿易の制限「5-6年以内」に緩和の見込み

ミャンマー商業省のKhin Maung Lwin事務次官代理よると、100%外資の企業に対して地元や合弁会社と同様の輸出入の権利を認める計画が進行中だ。

現在ミャンマー地元企業と合弁企業を通じて手を組む外国企業は、肥料、殺虫剤、建設資材や車両を含む限られた輸入しか認められておらず、輸出は製造業企業に限られている。

Yangon port

もっと読む