banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー国内

【特別コラム】ヤンゴンの縫製業界、EUの後押しで珍しい成功事例

課題の多いミャンマー衣料品業界、EUが支援する工場が増加

~ヤンゴンのランタイヤ工業地帯にある縫製工場はミャンマーの衣料品業界でも珍しい成功事例~

清潔で真っ白な作業台、湿度が一定に保たれた室内、そして煌々と灯る蛍光灯のあるランタイヤのBogart Lingerieの工場の品質管理部門は、衣料品工場と言うよりまるで医療研究施設のようだ。

ヤンゴンのこの工場内では労働者が工場の生産ラインで完成したばかりのブラジャーや下着を仕訳し、ヨーロッパ、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの小売店舗へ梱包・送られる前の製品の不良品チェックを行っている。

garment-myanmar もっと読む

ティラワ新経済特区、海外の関心を集めるも地元住民と対立

ミャンマーの新経済特区、海外からの関心を集めるものの地元住民は憤慨

水田や竹製の小屋を通り越してMyint Winさんの農場の北を臨むと、ミャンマー最大都市のはずれに築かれた巨大な開発現場が遠くに光輝いて見える。

ティラワ経済特区はミャンマーと日本政府、および民間数社の合弁事業として行われているプロジェクトだ。総面積は6,200エーカー(2,500ヘクタール)におよび、第一フェーズで新しい建物が次々に誕生した。

thilawa-sez もっと読む

ヤンゴン郊外のレグで低所得者向け市街地計画が進行中

レグで新たな住宅計画が進行中

ヤンゴン郊外のレグ(Hlegu)・タウンシップで地方に住む人々向けに手頃な価格の住宅を提供することを目的として、新たなアパートメントや商業施設からなる市街地が開発されることをミャンマー建設省が明らかにした。

地元で住宅開発を手がけるMaharmate Kyalグループは建設省と手を組み、2016年内にプロジェクトに着工する予定だ。

もっと読む

中古車のスペアパーツが不足するミャンマーで部品の見本市開催

自動車関連の見本市でバス、バイク、スペアパーツを展示

2016年10月末ヤンゴンでMyanAuto 2016見本市が開催され、自動車業界から200以上の企業が出展した。

Myanmar Event Parkで開催される見本市では車両、スペアパーツ、サービスに関する展示を15カ国から来緬する企業が出展。ミャンマー国内の同種としては最大規模の見本市であるBus and Truck Myanmar 2016とMyanBike 2016と並行して10月28日から3日間に渡って開催された。

Yangon trafic jam もっと読む

ヤンゴンで水不足懸念、日本は約900億円をミャンマー政府貸付へ

日本、水処理工場建設に向け8億6,700万米ドルをミャンマー政府貸付へ

2024年までに人口の多いヤンゴン都市部に水を供給しているGyophyu貯水池の水を浄化する水処理工場を2つ建設するため、日本政府が地方政府当局に対して数億米ドル規模の融資を提供することが明らかとなった。

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)によれば、水処理工場は地下水の必要性を削減することを目的として建設される。

water-problem-yangon もっと読む

Google、ミャンマーでの自社サービス改善を約束

Google、ミャンマーと自社の将来は明るいとの見通し

「米国の経済制裁が終わりを告げたことで、インターネット取引を行う人々はGoogle Playなどのプラットフォーム上でミャンマーから商品を販売しやすくなるだろう」と、ミャンマーの開発を担当するGoogle担当者は述べた。

ミャンマーにおけるGoogleの認定開発者であるKo Ye Lin Wai氏は今月、技術開発会議においてミャンマーのユーザの間で問題となっているGoogleマップや翻訳サービスの脆弱性を修正することを約束した。

google-myanmar もっと読む

ヤンゴンのオフィススペース需要は好調、ホテルと対照的

ヤンゴンのオフィススペースに対する需要、第三四半期も好調、物件数も十分

不動産コンサルのColliersによれば、今後4-5年内に30万㎡以上のオフィススペースがヤンゴンで供給される予定で、オフィス物件数は十分にあるという。

供給物件が急激に伸びているにもかかわらず、ヤンゴンですでにビジネスを展開している企業の拡張や非公式のオフィススペースから離れる動きを受け、ヤンゴンのオフィススペースに対する需要は引き続き好調を維持している。

office-supply-yangon もっと読む

ヤンゴンのコンドミニアム開発事業者、当局の政策で逆風に直面

ミャンマーのコンドミニアム開発事業者ら逆風に直面、柔軟な支払い計画を提供へ

ミャンマーのコンドミニアム市場は昨今のヤンゴン地元当局による高層ビル建設停止を受けて新たな逆風に直面している。

「開発事業者はプロモーションの実施や賃貸用アパートの販売を通して事業の方向性を再考するべきだ」とColliers Internationalミャンマー支社による半年ごとのコンドミニアム部門の報告書は提言する。

condominium-yangon-property もっと読む

ミャンマーの個人所得税、外国人労働者の未納問題を提起

ヤンゴン政府、在ヤンゴン外国人労働者から所得税収入4千750万米ドル

ヤンゴン地域で労働ビザを保有し働く外国人から徴収された税額は、2015-2016年度にかけて610億チャット(およそ4,750万米ドル)以上にのぼったことをヤンゴン政府労働大臣が明らかにした。

Zaw Aye Maung氏はヤンゴン地域政府で行われた議会の会合の場でこの数値を明らかにしたが、ある議員が多くの外国人労働者がヤンゴンの財源に貢献していない事実に対して懸念を示したことを示唆した。

foreigner-tourist-myanmar もっと読む

クボタ、ティラワ工業団地の水資源開発に寄与

クボタ、ミャンマーの工業団地建設に寄与

ミャンマーは2011年に軍事政権から民政に移行したのち、経済成長に対する自由貿易政策や急激な海外投資の拡大を続け、現在2,400ヘクタール以上の場所で工業団地や商業施設の開発を進めている。

先進国と同様のインフラを築くことが目的で、海外投資の誘致、雇用の創出、そしてゆくゆくはこの考え方をミャンマー国内に浸透させることが求められている。クボタはティラワ経済特別区で給水、浄水、下水処理設備を担当している。

kubota-myanmar もっと読む