banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー国内

ミャンマーのゴム輸出、日本からの需要の高まりを受けて倍増の見通し

ミャンマーのゴム輸出が倍増予測、日本からの需要の高まりを受け

ミャンマー商業省によれば海外からの需要の高まりを受け、2016年のゴムの輸出量は前年の倍となる18万トンとなる見通しだ。

近隣諸国のゴム生産量が減少しているのとは対照的に、2016年のミャンマーのゴム産業は日本のような海外からの需要の高まりを受けて生産性が拡大しつつある。商業省貿易局局長Win Myint氏によれば、同省では輸出高の倍増を見込んでいるという。

Myanmar gam tire

(写真)東京の新製品発表会でお目見えしたブリジストンの新製品・プレイズタイヤシリーズ

 

「インドネシア、タイ、マレーシアのゴム生産高は下落していますが、ミャンマーは比較的良い状況です。ミャンマーのゴムの品質は改善しており、諸外国、特に日本の基準に見合うものになりつつあります。ゴムの価格が高くなるということは、小規模のゴム農家がさらに多くのゴムを生産しているということ。日本からの需要の高まりに基づいて、ゴムの輸出高は増加するとみられています」とWin Myint氏は述べる。

世界におけるゴムに対する需要の7割は純粋な天然のゴムに対するものであり、地元ミャンマーのゴム品質が国際的な基準に見合うものとなれば、ミャンマー製のゴムに対する需要はさらに高まるでしょう」とWin Myint氏は期待を寄せた。

ミャンマーのゴム農家や生産量は増加傾向

「ゴム業界では多くの改善が見られています。産出量も増えており、ゴム農家も増加傾向にあります。唯一の課題は輸出用の生産品質を推進することです」ミャンマーゴム生産・輸出者協会書記のKhaing Myint氏は言う。

「ゴムの品質試験を行うための特別な実験室を用意しており、国際ゴム協会(International Rubber Association)がミャンマーのゴムの品質を確認する試験を行うために訪れる予定です。協会で品質を保証することができれば前向きな兆しです」と氏は付け加える。

日本企業もミャンマーのゴム産業に技術面のサポートを供与

日本は品質基準を向上させるべくミャンマーのゴム産業に技術面のサポートを提供しており、ミャンマー製ゴムで試験を行っています。ヨコハマタイヤとブリジストンはミャンマー製のゴムを使用してテストをはじめています」とWin Myint氏は述べる。

ミャンマーでは年間20万トンの天然ゴムを生産している。商業省によれば昨年2015年には9万トンが輸出され、うち日本へは9千トンが輸出された。2016年度10月までの天然ゴムの輸出高は昨年の輸出合計と比較して1万トン以上多い5万3千トンに達した。

2016年、ミャンマー製の天然ゴムの9割は海外に輸出されれており、うち7割は中国に、他の2割はシンガポール、マレーシア、インドネシア、日本、インド、ベトナム向けに輸出されている。

元記事:Myanmar Rubber Exports Expected to Double on Back of Rising Demand from Japan
【2016年12月12日 記者:Zin Thu Tun】

<自動車関連のニュースも合わせてどうぞ!>

輸出用ゴム 品質向上を目指す
三菱商事がミャンマー大手Yoma社と自動車販売会社を設立
ミャンマーで自動車ディーラーなど貿易カテゴリのビジネスが外国企業も参入可能に

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ミャンマー新会社法の施行で株主の権利を強化

ミャンマー新会社法「権力を乱用する経営者に対して株主が行動する権利を供与」

投資企業管理局(DICA)およびアジア開発銀行(ADB)幹部によれば、ミャンマーの新会社法の施行によりミャンマー国内でビジネスを展開する企業の規制や運用面の多くで変更が求められる見込みだ。

ここ数年で見られるミャンマーの急激な成長をを英国、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、香港などと同様の法律に合わせることで十分に利用し、民間部門を近代化することが改革の目的だ、とアジア開発銀行ミャンマー支店長Winfried Wickelinとの共著を雑誌Frontierの論説記事で掲載した投資企業管理局局長Aung Naing Oo氏は記事の中で述べた。

yangon property market もっと読む

世界的DJ、著作権侵害が蔓延するミャンマーでの知的財産権発展に期待

DJ Armin van Buuren氏、著作権侵害が蔓延するミャンマーでの知的財産権発展に期待

世界的に高い評価を受けているDJ、Armin van Buuren氏は今現在知的財産の侵害を指摘するのは時期早々であるとしながらも、将来的に経済が整った時点で著作権の課題を真剣に検討する必要があると述べた。

世界的に有名なDJであるArmin van Buuren氏はヤンゴンでのはじめてのパフォーマンスに先立ち、アーティストやミュージシャンの知的財産権の保護にミャンマーの指導者らが力を注ぐことに期待すると述べた。

Armin Van Burren at Yangon もっと読む

ヤンゴンのサービスオフィス 面積を45%拡大し、月払い契約をスタート

新規プロジェクトでヤンゴン中心街のサービスオフィススペースを「45%」拡大

ヤンゴンでオフィススペースを提供するHintha Business Centreは、ヤンゴン中心街のサービスオフィススペースを45%増加させる新たなプロジェクトに着手したことを明らかにした。

Anthem Asia Investment Groupの子会社であるHintha Business Centreは、2016年11月に企業や組織に対してオフィススペースを提供すべく、ミャンマーでは二つ目となるプロジェクトに着手した。

property yangon downtown もっと読む

ミャンマー投資促進機関DICAが各省庁と新投資法の議論を展開

各省庁 投資促進機関DICAと新投資法に関して「白熱した議論」を展開中

ミャンマーにおける投資管理機関であるDICA(Directorate of Investment and Company Administration)の幹部によれば、政府省庁らは担当する企業の力を弱めることに後ろ向きであることから、ミャンマーの新投資法に関する規制や規則を起草する動きを緩めつつあるという。

投資企業管理局(DICA)理事長のAung Naing Oo氏は2016年11月末に開催された会議の場でビジネス関係者らに対し、新たな投資家に対して大幅な自由化と役所仕事の削減を求める政府が推し進める政策に対して、考え方を異にする省庁もあることを明らかにした。

mbt-dica-u-aung もっと読む

【特別コラム】ヤンゴンの縫製業界、EUの後押しで珍しい成功事例

課題の多いミャンマー衣料品業界、EUが支援する工場が増加

~ヤンゴンのランタイヤ工業地帯にある縫製工場はミャンマーの衣料品業界でも珍しい成功事例~

清潔で真っ白な作業台、湿度が一定に保たれた室内、そして煌々と灯る蛍光灯のあるランタイヤのBogart Lingerieの工場の品質管理部門は、衣料品工場と言うよりまるで医療研究施設のようだ。

ヤンゴンのこの工場内では労働者が工場の生産ラインで完成したばかりのブラジャーや下着を仕訳し、ヨーロッパ、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの小売店舗へ梱包・送られる前の製品の不良品チェックを行っている。

garment-myanmar もっと読む

ティラワ新経済特区、海外の関心を集めるも地元住民と対立

ミャンマーの新経済特区、海外からの関心を集めるものの地元住民は憤慨

水田や竹製の小屋を通り越してMyint Winさんの農場の北を臨むと、ミャンマー最大都市のはずれに築かれた巨大な開発現場が遠くに光輝いて見える。

ティラワ経済特区はミャンマーと日本政府、および民間数社の合弁事業として行われているプロジェクトだ。総面積は6,200エーカー(2,500ヘクタール)におよび、第一フェーズで新しい建物が次々に誕生した。

thilawa-sez もっと読む

ヤンゴン郊外のレグで低所得者向け市街地計画が進行中

レグで新たな住宅計画が進行中

ヤンゴン郊外のレグ(Hlegu)・タウンシップで地方に住む人々向けに手頃な価格の住宅を提供することを目的として、新たなアパートメントや商業施設からなる市街地が開発されることをミャンマー建設省が明らかにした。

地元で住宅開発を手がけるMaharmate Kyalグループは建設省と手を組み、2016年内にプロジェクトに着工する予定だ。

もっと読む

中古車のスペアパーツが不足するミャンマーで部品の見本市開催

自動車関連の見本市でバス、バイク、スペアパーツを展示

2016年10月末ヤンゴンでMyanAuto 2016見本市が開催され、自動車業界から200以上の企業が出展した。

Myanmar Event Parkで開催される見本市では車両、スペアパーツ、サービスに関する展示を15カ国から来緬する企業が出展。ミャンマー国内の同種としては最大規模の見本市であるBus and Truck Myanmar 2016とMyanBike 2016と並行して10月28日から3日間に渡って開催された。

Yangon trafic jam もっと読む

ヤンゴンで水不足懸念、日本は約900億円をミャンマー政府貸付へ

日本、水処理工場建設に向け8億6,700万米ドルをミャンマー政府貸付へ

2024年までに人口の多いヤンゴン都市部に水を供給しているGyophyu貯水池の水を浄化する水処理工場を2つ建設するため、日本政府が地方政府当局に対して数億米ドル規模の融資を提供することが明らかとなった。

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)によれば、水処理工場は地下水の必要性を削減することを目的として建設される。

water-problem-yangon もっと読む