banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー国内

インドネシアの採鉱会社 ミャンマーの発電所に9億ドルを投資

ミャンマービジネス

インドネシアの採鉱会社 ミャンマーの発電所に9億ドルを投資

インドネシアのマスコミの報道は国営の採炭会社タンバン・バツバラ・ブキット・アサム社(以下、ブキット・アサム社)の財務担当役員Achmad Sudarto氏の言葉を引用して、ブキット・アサム社が、数年後にミャンマーで9億ドルに相当する蒸気発電所の建設を計画しており、地元の共同事業者にそのプログラムに取り組むよう依頼していると伝えた。

もっと読む

ティラワ経済特別区事業の1社株式公開へ

ミャンマー・ティラワ経済特区(SEZ)開発のために設立した合弁事業に関係するミャンマー企業のうち少なくとも1社が、早期に株式公開をすることが分かった。報告書の中で具体的な時期は示されていない。

ティラワ経済特区開発計画は、ヤンゴン南東20キロメートルに位置するタンリーン区~チャウッタン区間での2,000ヘクタール規模の開発事業であり、多くの労働人口確保、既存の港を活用できる利点を持つ。

もっと読む