banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ASEAN

ミャンマー最南端モータウンで、タイとの新国境ゲートが開通間近

タイ・ミャンマーの新国境ゲート・モータウン、開通間近か

ミャンマー最南端近くにモータウン国境ゲートを正式に設けるべく、ミャンマー・タイ政府両当局による交渉が続けられている。ミャンマー・タイ間の二国間国境貿易を後押しすべく、ミャンマー・タイ合同貿易会議(Myanmar-Thai Joint Trade Meeting)にて話し合いが行われた。

「ミャンマー側はモータウン国境ゲートの開通を公式に認めていますが、タイ側からまだ同意を得られていない状況です。モータウン国境ゲート経由で二国間貿易を行うためにはタイが正式な開通を認めなければならないため、双方側からゲートを開通することができるよう話し合いを続けています」と商務省事務次官Khin Maung Lwin氏はミャンマービジネストゥデイに対して語った。

border-myawaddy-mae-sot

(写真)ミャンマー側から臨むカレン州のタイ・ミャンマー国境、ミャワディ・メーソートの国境ゲート。

2013年4月、テイン・セイン元首相とタイのインラック・シナワトラ首相が二国間貿易を後押しすべく国境ゲートに関する話し合いを開始、2013年5月の開通を目指していたものの、タイの商務省・内務省の同意を得ることができないでいた。

現在ミャンマーの近隣諸国との間には合計15の国境ゲートが設置されている。商務省の統計によれば2016年度7月8日までのタイとの国境貿易額は3億米ドルにのぼる。

元記事:New Thai-Myanmar Border Gate in Limbo
【2016年8月11日 記者:Zayar Nyein】

<ミャンマーの国境関連ニュースも合わせてどうぞ!>

タイ・ミャンマー間国境貿易、100億ドル増を見込む
ミャンマー政府、さらなる国境間貿易拠点を開設
ASEAN経済共同体(AEC)がミャンマーにもたらす課題と懸念

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマー不動産とインフラ整備・TOP

ミャンマーホテル業界の業績が低迷、アジアではバンコクが堅調

ミャンマーのホテルの業績悪化、11%減

ホテルのデータ評価を行うSTR Globalは、ミャンマーでは2016年1月に11%以上減とホテルの業績が悪化したと述べた。同社は1月度のアジア太平洋地域におけるホテルの分析の一部として、ミャンマーのホテルの稼働傾向を明らかにした。

Hotel Myanmar yangon もっと読む

ASEAN経済共同体(AEC)がミャンマーにもたらす課題と懸念

アセアン自由貿易と地元中小企業の将来

専門家らによれば、東南アジア10ヶ国間の製品、サービス、労働の自由な流れを促進する共同市場であるASEAN経済共同体(AEC)は、ミャンマーの中小企業に対して難題を突きつけ始めているという。

ASEAN経済共同体(AEC)は2016年1月に成立したが、ミャンマー、ラオス、カンボジアは2018年までこの貿易圏には参加しない予定だ。アセアンにおいて経済がまだ発展途上であるこれらの国はすでに発展を遂げている国々に追い付くための猶予期間を与えられている。それでもなおこの猶予期間は不十分かもしれない。

Myanmar rice mill

(写真)ヤンゴンのチャイクレの精米所で働く労働者ら

ミャンマーにおける中小企業の課題の一つはタイ、マレーシア、シンガポールの企業と比較した価格設定や製品の品質だ。経済学者らはミャンマーの貧弱な中小企業は激しい争いの中で一掃されるかもしれないと懸念する。

「ミャンマーは地元中小企業の状況や競争力を(ASEAN経済共同体に)合意する前に分析すべきでした。ミャンマー国内の中小企業は他国の製品の品質に及ばず、大きな市場のシェアも取ることは難しいでしょう」と、経済学者・法律の専門家であるTin Than Oo氏は語る。

政府はミャンマー国内製品を保護する法律と、中小企業への融資促進を政府が模索

ミャンマー政府は大企業と競争しようとしている地元の中小企業の障壁となるものを減らすべく、貿易の手続きを規制する保護法を施行しようと模索してきた。法律は地元の中小企業が市場で競争を展開することができず、自由貿易のために生産が大幅に減少するようであれば指定された期間同じ商品の輸入が禁止されるというものだ。

「企業のオーナーは該当する製品の輸入が大幅に増加し、地元の企業に影響があることを示す事実関係や証拠を提示し商務省に要請してもらいたいと思います。商務省は問題となっている製品を調査し、必要に応じて輸入を禁止します」商務省参与Maung Aung氏は言う。

政府は融資を提供し、地元の中小企業に対するてこ入れを行っているが、まだ役割を十分に果たせていない。「中小企業に対する政府の融資プログラムは透明性を欠いておりえこひいきが見られます。東南アジア諸国連合への加盟前にはミャンマーには十分に雇用の機会がありましたが、熟練労働者は現在大量に海外に流出し、地元に熟練労働者が不足する状況が起こると思います」Tin Than Oo氏は述べた。

スリッパを製造する小企業Shwe Kyar PwintのオーナーであるTin Khine氏も、国や州政府を通して提供される統一政府による融資は、あまり効果をもたらしてないと言う。中小企業に対して融資が提供されたことはニュースや雑誌で報道されましたが、どのような中小企業が融資を受け取ることができるかについては誰も明らかにしていない。

「靴やスリッパは、今インドネシア、フィリピン、タイ等のASEAN諸国から輸入されており、手頃で品質も良いものです。また主に雨季の間輸入される安価な中国製のスリッパもあります。地元で製造された昔ながらのスリッパ製造業者はこれらの製品が市場に溢れれば閉鎖を余議無くされるかもしれません」

企業に対する融資プロセスは未だ不透明

中小産業開発銀行(SMIDB)会長のThan Tun氏は登録されている4万社と未登録の4万社のうち、銀行から融資を受け取っているのは400社のみだと語った。

「中小企業に対して融資を提供する一方で、貸し倒れが発生しないことを慎重に分析しなくてはなりません。融資の申し込みを査定する鑑定士がおり、各地域により異なる物件の価値を評価します。物件の証明に基づいて、物件の資産価値の20%-40%程度の融資が提供されます」とThan Tun氏は語る。

Tin Than Oo氏は政府が国内、業界ごとの企業統計を集め、知識や技術移転を可能にするために外国企業とつなげるべきだと語った。

近年消費者製品、台所用品、畜産・水産品が他のアセアン市場からミャンマーの地元市場に輸入されている。ミャンマー水産物加工業・輸出業組合の匿名の当局者によれば、ASEANの自由貿易は、中小企業に対しては障壁をもたらす一方、一般市民はより良い製品を正当な価格で入手できるようになるという。

「現在近隣諸国からの輸入肉や魚は適正な価格でCityMartの店舗で購入することができます。さらに競争が激しくなれば顧客はさらに選択肢を広げ安価に購入することができるようになるのです」と氏は語った。

元記事:ASEAN Free Trade and The Future of Local SMEs
【2016年2月29日 記者: Tin Mg Oo】

<ASEAN関連のニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマーの中小企業8万社へ利率8.5%で融資を行う「中小産業開発銀行」
ミャンマーの建設会社が品質に基づき格付けされる、アセアン経済共同体(AEC)を見据えた動き
銀聯が東南アジア電子商取引市場参入、ASEANの電子商取引は5年で37.6%増加予測

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマーの金融と海外投資・TOP

日本通運(ミャンマー)がヤンゴンに物流の子会社を設立

日本通運、ミャンマーに物流子会社を設立

日本最大の運送業者である日本通運は、ミャンマー最大の都市ヤンゴンに新しく子会社を設立し、営業を開始した。

新子会社となる、日通ロジスティクスミャンマー株式会社は、日本政府が支援するティラワ経済特別区に事務所を置く予定。

Nippon express Myanmar もっと読む

ミャンマーの建設会社が品質に基づき格付けされる、アセアン経済共同体(AEC)を見据えた動き

ミャンマーエンジニアリング協会の当局者によれば、来年には地元の建設会社らに対して検査が行われ、品質に基づき「格付け」が行われる予定だ。「各社のエンジニアの資質や使用されている技術が精査され、格付けが行われる」と、ミャンマーエンジニアリング協会のAung Myint副会長は語った。

ASEAN経済共同体(AEC)に参加する準備にあたり、建設業界が地元の土木技術者を格付けを行う必要があります。建設会社も合理的根拠に基づき、格付けが行われる予定です」とAung Myint氏は説明する。

property construction real estate Yangon もっと読む

中国がメコン川地域に30億ドル投資、貿易と輸送に注視 

中国 貿易と輸送に注視 メコン川地域に30億ドル投資へ

中国 貿易と輸送に注視 メコン川地域に30億ドル投資へ

国営放送は、中国は近隣諸国のカンボジア、ベトナム、ミャンマー、タイ、ラオスへインフラと製造の強化、及び貧困へ立ち向かう為の援助として30億ドル超の融資を行うことを提示した。

もっと読む

バングラデッシュ、9月の外貨準備高下落へ

記事欄:REGIONAL BIZ

バングラディッシュの外貨準備高は、前月に高値を更新した220億7,000万ドルから9月の終わりには218億4,000万ドルに転落したが今年度の初期からは35パーセント増であると中央銀行は報じた。

準備高は、おおよそ7ヶ月分の輸入に対して十分賄えることとなる。

安定した輸出とバングラディッシュ人の出稼ぎ労働者からの送金が準備高の積み上げを手助けしていると中央銀行の高官は語った。

限界収益となる9月の下落は、輸入額の増加によるものであったと同氏は付け加えた。

8月におけるバングラディッシュの輸出高は今年度初期から7.25パーセント増の21億6,000万ドルに上昇し、これは縫製産業による輸出の増加によるものであったが、7月には終息した。

年度内6月までの輸出高は300億に達し、強力な衣料品の売上げに後押しされた240億ドル市場は致命的な工場の事故に遭遇している。

8月にバングラディッシュ人出稼ぎ労働者によって送金された額は年度初期から15パーセント象の11億6,000万ドルにまで達した。 (ロイター)

記事番号:2014100919
【2014年10月09日 記者:Ruma Paul】