banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ASEAN

インドネシアの錫製造大手,輸出規制の新法は出荷の妨げに

インドネシアの錫製造大手,輸出規制の新法は出荷の妨げに

インドネシアの錫製造大手,輸出規制の新法は出荷の妨げに

3ヶ月後に開始となる錫輸出に対する規制は、はんだ材料を出荷するインドネシア大手製造業者に打撃を与えるでしょうと大手国営錫製造業者であるティマフ社は述べている。
錫の違法採掘を停止させ、なおかつ価格の高騰を抑制するとし、インドネシアでは1年前から錫インゴットが輸出される前に地元のプラットフォームを経由して取引することになっている。

もっと読む

インドネシア2014年度の米生産高 7,000万トンに及ぶ

インドネシア2014年度の米生産高 7,000万トンに及ぶ

インドネシア2014年度の米生産高 7,000万トンに及ぶ

インドネシアは2014年度における玄米生産量が7,300万トンであると政府大臣は延べ、土地の拡張不足により前回の推定値であった7,600万トンよりわずかに低い値になっているとのこと。

インドネシア政府食料調達機関であるBulogは、170万トンまで米を貯蔵しているとインドネシア経済相であるHatta Rajasa氏は報じ、同機関は年内に国内供給者から買い付けを実施するであることを付け加えた。

Bulogは、食料価格暴騰を防ぐ目的で、通例150万トンから200万トンの間の米を貯蔵している。

インドネシアの玄米生産は、2013年度は7,129万トンであったと推定される。

(ロイター)

 

記事番号:2014050823
【2014 年5月8日 記者:Yayat Supriatna】

 

エアアジア タイにて長距離線運行開始へ

エアアジア タイにて長距離線運行開始へ

エアアジア タイにて長距離線運行開始へ

タイでの最初の長距離便を運行するローコスト・エアラインであるエアアジアXは、政治的混乱による観光市場の落ち込みにもかかわらず、6月に空へと飛び立つ。

新しいローコスト長距離エアラインは、CEOであるNadda Buranasiri氏による新路線と機内品についてのアナウンスが先週バンコクにて開催されたイベントにて公式発表された。

本拠地であるドンムアン国際空港から運行されるタイ・エアアジアX社は、6月17日より韓国・ソウル便が毎日運行開始される。本年度中には日本の東京・大阪線も拡充される見通しである。

「我々はタイにおける最初のローコスト長距離エアラインとしてサービスを開始出来ることにとても興奮している。

タイ・エアアジアの保有するエアバスA320機は短距離輸送におけるベストな乗継を引き続き提供し、タイ・エアアジアXはワイド・ボディ機であるエアバスA330-300機所有後にはバンコクから4時間以上の到着地への運行を開始したいとNadda CEOは言った。

Nadda CEOは近い将来、航空戦略として航空機の輸送許容の許す限りオーストラリアや中国へも就航する見通しであることを明らかにした。

同氏は「タイはオーストラリアの人々から好まれた目的地であり、また中国の目的地は4時間超を要すると考えられる」とマスコミへの説明会にてトラベル・デイリー誌に語った。

タイ・エアアジアは、中国本土への9つの都市へのフライトにて既に中国国内で強い存在感を示しており、さらにタイ・エアアジアのTassapon Bijleveld CEOは「タイ・エアアジアXはタイ・エアアジアから路線の引継ぎをしない」と述べた。4時から9時間のフライト時間を売りにする新しい航空会社は、北京と言う様な新しい到着地を開拓する。

タイ・エアアジアXはまた、タイ・エアアジアの短距離ネットワークを利用してより広範囲の目的地を提供する。

例えば、ソウル、東京、大阪から到着する旅客はプーケット、クラビ、チェンマイの様なタイ国内への乗継を可能とし、またはバンコクを経由して地域の拠点であるシェムリアップやヤンゴンへも乗り継ぐことが出来る。

タイ・エアアジアXは、ビジネスクラス12席、エコノミー365席、総計377席を有するエアバスA330-300を2機にて運行する予定である。

タイ・エアアジアXは昨年末に航空運送許可証を取得したが、バンコクの政治的混乱による観光市場の落ち込みにより現行の2014年2月就航と時間を要している。しかし、Nadda CEOは同エアラインは新路線において平均座席使用率80%を維持すると強気の姿勢を保った。

同氏は、韓国・日本線はタイ人と国際線からの乗客50対50の使用率になるだろうと予測した。タイ人にとってビザ無し旅行が可能となる韓国と日本の両国において、目的地は複数選択された。

タイ・エアアジアXは、エア・アジア・マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、インド、そしてマレーシアのエア・アジアXに次ぐエア・アジア・グループにおける7つ目の支社となる。

 

 記事番号 : 2014050120
【2014年5月1日(ヤンゴン)記者:John Ruwitch】