banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

金融と海外投資

ティラワ経済特別区事業の1社株式公開へ

ミャンマー・ティラワ経済特区(SEZ)開発のために設立した合弁事業に関係するミャンマー企業のうち少なくとも1社が、早期に株式公開をすることが分かった。報告書の中で具体的な時期は示されていない。

ティラワ経済特区開発計画は、ヤンゴン南東20キロメートルに位置するタンリーン区~チャウッタン区間での2,000ヘクタール規模の開発事業であり、多くの労働人口確保、既存の港を活用できる利点を持つ。

もっと読む

VISA 多国通貨対応 トラベル・プリペイドカードのサービスに着手

ミャンマービジネス

VISA 多国通貨対応 トラベル・プリペイドカードのサービスに着手

アメリカの大規模な決済ネットワークを有するVISAは、ミャンマーの海外旅行時のVISAカード所有者ために、初の多国通貨対応トラベル・プリペイドカードについてミャンマーの銀行と密接に動いていると述べた。

もっと読む

ダウェイ経済特区、さらに求められる銀行投資

ミャンマーの地方環境団体は、タイ・バンコクでセミナーを開き、「ダウェイ開発プロジェクトに投資を行う銀行は、社会的、環境保全の観点から十分持続可能なプロジェクトのみ支持するべきだ」と訴えた。

ダウェイ開発協会(DDA)の代表であり、ダウェイ開発予定地区の居住者でもあるボボ氏は、「投資に確証性のある軽工業に許可がおりるのは問題ないが、石油化学製品、石油、ガスは、近隣近海での石炭や錫の採掘と同様禁止されるべきでないだろうか」と述べた上で、

もっと読む

ミャンマーのタサン水力発電ダムの建設計画加速をタイ企業が強く要請

施工費120億ドル、ダム建設計画の加速を強く要請

施工費120億ドル、ダム建設計画の加速を強く要請

タイ政府はミャンマーにタサン水力発電ダムの早期建設を強く要請した。同政府は、ダム完成後に隣国ミャンマーからの1万メガワットの電力購入を目論んでいる。ダムの所在地はサルウィン川の上流で、発電量は7千メガワット、推算では建設に12年かかる。

もっと読む

ミャンマー大手法律事務所のJFグループ、国際会計事務所BDOに加盟

JFグループ、国際会計事務所BDOに加盟

JFグループ、国際会計事務所BDOに加盟

企業監査および会計コンサルティングを手がけるJFグループ(ミャンマー大手法律事務所)がBDO(ブリティッシュ・ダーツ・オーガナイゼイション、世界五大会計事務所の1つ)に加盟したことが明らかなになった。

もっと読む