banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ITと通信

Google、ミャンマーでの自社サービス改善を約束

Google、ミャンマーと自社の将来は明るいとの見通し

「米国の経済制裁が終わりを告げたことで、インターネット取引を行う人々はGoogle Playなどのプラットフォーム上でミャンマーから商品を販売しやすくなるだろう」と、ミャンマーの開発を担当するGoogle担当者は述べた。

ミャンマーにおけるGoogleの認定開発者であるKo Ye Lin Wai氏は今月、技術開発会議においてミャンマーのユーザの間で問題となっているGoogleマップや翻訳サービスの脆弱性を修正することを約束した。

google-myanmar もっと読む

ミャンマーのミレニアル世代、ロボットの産業界進出を予測

ミャンマーのミレニアル世代の将来のキャリア、デジタル技術、ロボットによる置き換えに対する考え方:調査

ミャンマーの若者が「将来のデジタル技術がもたらす見通しが楽しみである一方、2020年には人としてのスキルが未だ優先される」と考えていることが6カ国を対象に行われたオンラインの調査で明らかとなった。

調査ではミャンマーやアジアの若者はテクノロジーの重要性を認識しているものの、自身のキャリアを成功に導くためにはテクノロジーと人的技術の両面が必要だと考えていることが認められた。

myanmar-youth-power

ミャンマーを含むアジア6カ各国を対象として行われたTelenorグループのオンライン調査ではデジタル技術関連の職業に対する関心は大変高く、全回答者が「ロボットが将来仕事の一部を担うこととなる」と述べた。

調査では将来のキャリア、技術がもたらす影響と将来の職業に備えてどのようなスキルが必要とされるかに関して、ミレニアル世代の考え方を評価した。

ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。 ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味。 おもに米国で1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されています。

多国間にわたる「将来の仕事」に関する今回の調査はミャンマー、バングラデッシュ、シンガポール、マレーシア、インド、パキスタンの6カ国で15歳から25歳の4,200人の若者を対象として行われた。

ミャンマーではミレニアル世代の69%がインターネットやデジタル技術の将来に向けたチャンスに対して「楽しみ」である一方、13%の人々が「楽しみだが注意深く見守るとしている」と回答した。

ミャンマーの若者もロボットの産業界台頭を予測

回答を寄せたすべてのミャンマーの若者は参加した他のすべての国と同様に、ロボットが将来多くの職業において人間にとって代わるだろうと答えた。どの職業においてロボットが人間の代わりとなる確率が高いかとの質問に対しては、地元ミャンマーの41%の回答者が製造業やエンジニアリング業界が最も機械にとって変わられるだろうと答えた。

またミャンマーのミレニアル世代は技術が牽引する未来に関して高い関心を示した。ミャンマー、パキスタン、バングラデッシュ、インドのすべての若者は「技術のあらゆる面を理解することが大切で、できる限りのことを学びたい」との質問に同意した。この内ミャンマーの若者の回答者は34%と4カ国の中で最も多い割合を示した。

「若者が技術やそれによりもたらされるチャンスに対して敬意を表しているだけでなく、自分自身も思いやりがあり、大変想像力があると考えていることは素晴らしいことです。技術やインターネットが自身のキャリアにとって極めて重要と考えているだけではなく、大変興味深いものであるということは非常に意欲的なことだと言えます。有能で前途有望な若者が、活気溢れるこの地域で将来の仕事に対して大きな貢献を行おうとしていることは、Telenorグループのアジアに対する見方と全く同じです」とTelenorグループデジタル能力人材育成部を率いる佐藤氏は語る。

元記事:Myanmar’s Millennials Assess Future Careers, Digital Technology Impact And Robotic Replacement Risk: Survey
【2016年10月17日 記者:Thant Zin 】

<ミャンマーのテクノロジー関連ニュースも合わせてどうぞ!>

Telenorの通信ネットワーク、ミャンマー・ラカイン州で拡大
【特別コラム】スマートフォンがミャンマーの生活を変える
ミャンマーのドローン開発

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

【特別コラム】スマートフォンがミャンマーの生活を変える

スマートフォンが変えるミャンマーの生活、携帯普及率は3年で9倍に

最近10年間ミャンマー都市部で暮らしてきた人ならば、目まぐるしい変化を目の当たりにしてきたことだろう。

特にミャンマーにおける大きな変化は、人々が携帯スマートフォン端末を所有し始めたことと、それに伴い人々がアクセスすることのできる情報量が格段に増えたことだ。通信事業者3社は日々顧客を獲得するための戦いを繰り広げており、結果SIMカード、通話やパッケージ代の料金が下落している。

viber-phone-myanmar

2014年から現在までの間は基本的な音声サービスと2Gサービスが主流であった。闇市場ではSIMカードに100から200米ドルの価格がつけられていた時代。しかし、たった2年で高品質の音声サービスや3Gサービスがミャンマー国内のほとんどの場所で利用でき、SIMカードは1,500チャット(1米ドルを少し上回る価格)で購入することができるようになった。

ミャンマー国内の携帯普及率は2017年に100を突破

携帯電話の普及率は2013年の10%未満から今日は90%以上に上昇している。かつてない普及率の成長の早さだ。市場そのものも驚異的な成長をとげており、2017年までには一人一台、つまり普及率が100%を超えると予測されている。

ミャンマーでは2015年には人口の約50%の人々がスマートフォンを保有している。これはインドネシアの21%、フィリピンの22%と比較して大きい数値だ。またタイの59%、マレーシアの65%という数値にも迫る勢いだ。

フィンテックの潮流がミャンマーにも到来か

telenor tourist SIM card

銀行口座を持たない人々を減らす手段としての携帯電話の可能性は無限だ。ミャンマーでは平均で10万人あたりの銀行支店数は約3つである。近隣諸国と比較すると非常に少ない。携帯端末の普及は、銀行にとって物理的な支店を必要とせず、顧客と取引を行うための非常に大きな機会と言える。

三社の通信事業者ともにモバイルマネーのサービス展開を準備をしている段階で、実現すれば何百万人の人々が預金、送金、支払をモバイルアプリケーションを通して行うことができるようになる。ミャンマーの現金主義社会を転換させる可能性があるのだ。

スマートフォンの普及で医療や農業分野でも恩恵、ミャンマーでもクリック1つで農薬が買える時代に

現在ミャンマーでは健康や保健の面で、医療そのものや医療センターへアクセスが限られているが、携帯電話の普及により移動型の健康・保健サービスにも革新がもたらされる可能性がある。低コストの健康・保健サービスのメリットは非常に大きなものだ。

データパッケージを手頃な価格で入手することができるようになったことで、ミャンマーの農産業も開発の恩恵を受ける可能性がある。長期的な天気の傾向や予報、穀物価格、最新のサステイナブルな肥料はクリック一つで手に入れることができるのだ。付加価値サービス(VAS)は在庫管理を行う栽培農家の役に立つ。

 

元記事:Smartphones Transform Myanmar’s Way of Life
【2016年9月1日 記者:Damien Dujacquier】

<ミャンマーの携帯電話関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマーで4社目の電気通信事業者免許入札へ。KDDI・住友商事が協業するMPTが業界首位
【ヤンゴン・ルポ】モバイルインターネット、ツーリストSIMとLTEを試してみました
Telenor、MPTに続き観光客向けSIMカードの提供を開始

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

【ヤンゴン・ルポ】モバイルインターネット、ツーリストSIMとLTEを試してみました

こんにちは、2年半ほど海外で放浪生活を続けているライターのくみです。(ブログ:http://jp.kumi-log.com
前回に続いて、2016年5月にミャンマーを訪問した時の事を。今回はミャンマーのモバイルインターネットについてです。

前回の寄稿記事はこちらです。
【ヤンゴン・ルポ】高速輸送システム・BRTに乗車してきました! | ミャンマー ビジネス トゥデイ Myanmar Business Today【ミャンマー経済ニュース】 : http://myanmarbusinesstoday.jp/id/3200 もっと読む

Telenorの通信ネットワーク、ミャンマー・ラカイン州で拡大

Telenorのネットワーク、ラカイン州で拡大

ノルウェーを拠点とする通信事業者であるTelenor(テレノール)は先月、シットウェでの自社ネットワーク立ち上げに伴い、ラカイン州へのサービス拡大を行った。

ラカイン州への展開を受け、Telenorはミャンマー国内のすべての州・地方域・地域において5,300の電波塔を立てていることになる。Telenorは2016年末までにミャンマー国内の通信品質を最適化すべく約7,000塔まで数を拡大させる予定だ。

telenor myanmar booth もっと読む

ヤンゴンでICTシティ開発計画、ソフトウェア開発に優先的に取り組み

ICTシティ、ソフトウェア開発に優先的に取り組み

ソフトウェア開発と情報技術サービスがヤンゴンの情報通信技術分野の次の特別区の優先事項となる見込みだ。

政府に対し事業申請中の情報通信技術(ICT)シティ事業は、ヤンゴン郊外のタンリン(下記地図参照)近郊の360エーカーの土地区画に開発が予定されている。

もっと読む

Telenor、MPTに続き観光客向けSIMカードの提供を開始

Telenor、来ミャンマー観光客向けSIMカードの提供を開始

先月2015年11月末に国営の携帯通信会社ミャンマー郵電公社(Myanma Posts and Telecommunications、MPT) の観光客向けツーリストSIMカードの提供開始に続き、Telenor Myanmar Limitedも観光客向けのツーリストSIMカードパッケージの提供を開始した。

ミャンマーのツーリストSIMパッケージには1GBの「Smart Internet」および5,000チャット(3.87米ドル)分のミャンマー国内通話、データ通信、無制限のフェイスブックの利用料(14日間)が含まれる。

telenor tourist SIM card もっと読む

ミャンマー通信大手MPT、新ウェブポータルでスマホユーザーを開拓

MPT、スマートフォンユーザ向けにウェブポータルをリリース

国営の通信事業者ミャンマー郵電公社(Myanma Posts and Telecommunications、MPT) が顧客向けに新しいウェブポータルをリリースした。

MPTによればスマートフォンのユーザはウェブポータルLoTaYaを通して情報、ニュース、MPTサービスをすべて一元的に受け取ることができるようになる。

MPT shop yangon もっと読む

日系情報通信エンジニアリングのミライト・テクノロジーズが、ミャンマーへ進出

日系テクノロジー企業、ミャンマーに子会社を設立

MIRAIT header_logo

日系エンジニアリング会社であるミライト・テクノロジーズはアジア太平洋地域におけるビジネス活動を拡大させるため、ミャンマーに現地子会社「MIRAIT Technologies Myanmar Co., Ltd.」を設立した。同社の発表によれば新規に設立される子会社の資本金は2,000万米ドル。 もっと読む

ミャンマーで4社目の電気通信事業者免許入札へ。KDDI・住友商事が協業するMPTが業界首位

外国企業ら、経験の浅いパートナーにも関わらず新規通信事業免許に対して熱い視線

政府関係者は月曜日の談話の中で、ミャンマーの4社目の電気通信事業者免許入札に向けて、7つの外国企業が興味を示していると語った。ASEAN地域において最も通信接続率の低いミャンマーのポテンシャルが、業界経験が少なく無名な地元企業との合弁事業でも勝算があると判断した模様だ。

情報通信省副事務次官のChit Wai氏は、「関心がある」と申し出た企業についての会社名などの情報は明らかにしていない。

Telecom tower Yangon もっと読む