banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ダウェイ深海港・経済特区

ダウェイ経済特別区(SEZ)は、日本・タイ・ビルマ政府に2015年7月締結された共同開発事業。ミャンマー南部タニンダーリ管区に所在し、完成すれば東南アジア最大の工業地帯になると言われる。ASEAN東西経済回廊の西の拠点、ダウェイの最新ニュースをお届けします。

ダウェイ経済特区で人権侵害、土地搾取など問題が深刻化

ダウェイ経済特区における人権侵害を止める動きをを呼びかけ

ミャンマーで経済特区開発が進むダウェイで、地元住民は先月、日本、タイ、ミャンマーの各政府に対して前政権の議員による不法な土地の差し押さえ、住民の不本意な移住、政府機関との汚職疑惑に対して法的措置をとるよう要求する声明を発表した。

dawei workers もっと読む

ダウェイ経済特区、さらに求められる銀行投資

ミャンマーの地方環境団体は、タイ・バンコクでセミナーを開き、「ダウェイ開発プロジェクトに投資を行う銀行は、社会的、環境保全の観点から十分持続可能なプロジェクトのみ支持するべきだ」と訴えた。

ダウェイ開発協会(DDA)の代表であり、ダウェイ開発予定地区の居住者でもあるボボ氏は、「投資に確証性のある軽工業に許可がおりるのは問題ないが、石油化学製品、石油、ガスは、近隣近海での石炭や錫の採掘と同様禁止されるべきでないだろうか」と述べた上で、

もっと読む

ダウェイ開発、ミャンマー・タイは日本を「口説ける」か

ミャンマー・タイは日本を「口説ける」か-ダウェイ開発

ミャンマー・タイは日本を「口説ける」か-ダウェイ開発

先月、日本、タイ、ミャンマー3国の代表者間でダウェイの深海港および経済特区(SEZ)開発計画(以下「ダウェイ開発」)の会同が行われ、日本がダウェイ開発に乗り出すか否かを中心に議論が交わされた。

もっと読む