banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーのクレジットカード

ミャンマーのCB Bankがクレジットカードを発行へ

CB Bankがクレジットカードを発行へ

ミャンマーの銀行であるCB Bank (CB: cooperative bank)は、店頭にて顧客によるクレジットカードの申込受付が可能になると発表した。

役員の話によれば、顧客は収入源の証明さえあればどの支店からでもクレジットカードの申込ができる。

CB bank credit card Myanmar もっと読む

銀聯が東南アジア電子商取引市場参入、ASEANの電子商取引は5年で37.6%増加予測

UnionPay Internationalが2C2Pと提携

電子商取引のソリューションプロバイダーである2C2Pは、China UnionPay(中国銀聯)の子会社であるUnionPay International (UPI)と提携を結び、急速に成長を遂げている東南アジアの電子商取引市場に向けて活動を展開する予定だと述べた。

東南アジア地域の2C2Pを取り扱う企業らは顧客に対してUnionPay(銀聯カード)を使用したオンライン決済を提供できるようになることから、世界中の50億人にのぼるUnionPayカードの保有者を対象としたビジネスを展開できることになる。

China Union Pay Myanmar

2C2Pはオンライン決済のために中国銀聯インターナショナル(UPI)が開発したUnionPay Online Payment (UPOP)を提供する。同システムを使用することで、中国銀聯インターナショナルのカード保有者はOTP(ワンタイムパスワード)を携帯端末を通じて受け取り決済を完了することができる。

2C2Pグループの創始者であり最高経営責任者(CEO)であるAung Kyaw Moe氏は「銀聯カードを利用する人が世界中で増え、この提携は2C2Pにとって大きな前進となるでしょう」と述べた。

米国を本拠とするフロスト&サリバンは、主要なASEANの市場であるインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムのB2Cの電子商取引の複合年間成長率(CAGR)は2013年から2018年にかけて37.6%(70億米ドルから345億米ドルに)増加すると予測している。

中国銀聯インターナショナル・東南アジアの統括マネージャーであるWenhui Yang氏は以下の通り述べた。

「東南アジアは最も急速に成長しているオンラインショッピング市場のひとつです。ASEANでも最も革新的で優れた決済代行を行っている企業である2C2Pと提携関係を結ぶことで、UPIは特に数10億米ドル規模の旅行・観光業界といったトップに君臨するオンライン小売業者に対してサービスを提供することができます」

2C2Pは2014年度に22億米ドル以上のオンライン取引を処理している。これは2013年度の前年同期比440%以上の成長である。2C2Pによれば、同社はタイにおける電子商取引認証の85%以上を取り扱っているという。4月にはシリーズCの資金調達ラウンドにおいて700万米ドルを集め、全調達は1,000万米ドル以上となった。

ミャンマーの起業家であるAung Kyaw Moeにより創始され、東南アジアを牽引する決済代行企業である2C2Pは、China UnionPayの子会社であるUnionPay International (UPI)との提携を発表した。この提携により、UPIカードの保有者はミャンマーを含む東南アジアの一流ブランド企業と取引を行うことができ、また企業側も50億人を超えるUPIカードの保有者と取引を行うことが可能だ。

2C2Pは数年前からミャンマー市場での活動を活発に展開してきた。6月にはミャンマーで初となる電子手形決済ソリューションであるeasyBillsをリリースした。2月にはミャンマーではじめてのオンライン決済ソリューションをミャンマーの全国決済ネットワークであるMyanmar Payment Union (MPU)と協力して開発、施行した。

1月にはミャンマーではじめてのプリペイドカードとなるCitizen Cardをリアルタイムのモバイルアプリで発表した。また昨年には Visa、MasterCard、Myanmar Citizens Bank、Myanmar Hotels Internationalとともにミャンマー初のモバイルPOS(mPOS)であるiACCEPTを発表している。

元記事:UnionPay International Partners with 2C2P to Tap SE Asian E-commerce Market
【2015年11月11日 記者:Thant Zin 】

<ミャンマーの関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマーのパソコン市場、PC本体は100%海外から輸入する現状が続く
「ミャンマー・プラザ」、ヤンゴンで最新鋭デパートが12月にオープン
ヤンゴンの人口は今後15年で倍増、住宅需要は高まる一方

Viber、ミャンマーでのユーザー数を3年間で500万人まで上昇を狙う

Viber、ミャンマーでのユーザー数を3年間で500万人まで上昇を狙う

Viber、ミャンマーでのユーザー数を3年間で500万人まで上昇を狙う

先週、ヤンゴンで開催されたViber主催のメディア・イベントに出席した。Viberは今年初めに日本のeコマースの巨人である楽天によって9億ドルで買収されたモバイルメッセージング企業である。

もっと読む

2C2P Visa・MasterCardとPOSサービスを開始

2C2P Visa・MasterCardとPOSサービスを開始

2C2P Visa・MasterCardとPOSサービスを開始

2C2P社はシンガポールを拠点とする決済ソリューションのプロバイダーであり、地元の銀行であるMaynmar Citizens Bank (MCB)と提携し、新しいPOSサービスを展開する。このサービスはミャンマーの商人に大手国際決済カード会社であるVisaとMasterCardのサービスを受けることができるようになる。また、このPOSシステムはリアルタイムでの報告やマーチャントロゴ付伝票、事前に販売センターへの連絡機能などを搭載している。

このようなサービスはミャンマーではとても新しいことである。マスターカードはまずPOSサービスを昨年の3月に地元の銀行と提携して導入した。Visaもまたほぼ同時期にミャンマーでPOSサービスを展開している。今年すでにシリーズBの段階で200万ドルの資金調達をしたアジアにて、創始者とグループCEOが技術を共有しあうことをうかがわせる。

「Myanmar Citizens Bank によるPOS端末の実施は、ミャンマーを訪れる観光客が安全な支払方法や利便性をもたらすでしょう。」とMasterCard社のタイ・ミャンマーカントリーマネジャーであるAntonio Corro氏は述べた。POSソリューションは2C2PのPCIDSS レベル1(Payment Card Industry Date Security Standard)支払いシステムにより稼働している。同社によると、PCIDSS レベル1はクレジットカード業界のセキュリティ基準において最も高いセキュリティを採用している。

シンガポールに本部を置き、2013年の間で、アジアの9カ国で運営され、2C2Pにより500万ドル以上ものオンライン決済が処理されている。対照的にPaypalは1800億ドルもの金額が世界中で利用されている。

 

記事番号:2014022015
【2014年2月20日(ヤンゴン) 記者 Su Su 】

ミャンマー・エイペックス銀行 ビザトラベルカード発行へ

ミャンマー・エイペックス銀行 ビザトラベルカード発行へ

ミャンマー・エイペックス銀行 ビザトラベルカード発行へ

アメリカに本社を置く大手の決済手段会社ビザとミャンマー・エイペックス銀行(MAB)は先週、ミャンマー国民が外国へ旅行する際に使えるMAB国際通貨トラベルプリペイドカードの発行を発表した。

もっと読む