banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーのホテル事情

ミャンマー政府、ホテル用地を続々開発

ミャンマー政府、ホテル用地を続々開発

ミャンマー政府、ホテル用地を続々開発

観光省は国内の特定3地区でホテル開発を手掛ける事業者に開発許可を与えた。関係者によると、同省はミャンマー国内の客室数増加を目論む。ヤンゴン市内には全11のホテル用地が開発され、観光客の多いマンダレーやダニンダーリ管区にも作られる。

もっと読む

首都ネピドーでホテル続々開業、東南アジア競技大会へ準備進む

12月11日から開催される第27回東南アジア競技大会(シーゲーム)のため、首都ネピドーにホテル53施設、3,800室以上の客室が準備される。観光省の発表によると、11のホテルは11月26日もしくは27日に開業し、残りは数日後にオープン予定。

ホテル開業、東南アジア競技大会へ

ホテル開業、東南アジア競技大会へ

もっと読む

ミャンマー企業が、パン・パシフィック・ホテルの60%の権益を確保

ミャンマー企業が、パン・パシフィック・ホテルの60%の権益を確保

ミャンマー企業が、パン・パシフィック・ホテルの60%の権益を確保

世界的ホテルチェーンのパン・パシフィック・ホテルズ・グループ(PPHG)と、ミャンマー企業のシュエ・タウン・グループ(STG)は「ザ・パン・パシフィック・ヤンゴン・ホテル」を共同事業で運営することに先週合意した。

もっと読む