banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの入国ビザ

ミャンマーでのEビザシステム利用者、アメリカ人が最多に

ミャンマーのEビザシステムが導入された2014年9月以降、同システムを使用して東南アジアへ滞在する外国人の大部分が現在のところではアメリカ人であると、関係当局は述べた。

ミャンマーでのEビザシステム利用者、アメリカ人が最多に

ミャンマーでのEビザシステム利用者、アメリカ人が最多に

もっと読む

ASEAN各国からのミャンマー入国ビザが続々と免除

ミャンマー・Htay Aungホテル・観光省大臣は、「ラオス、フィリピン、カンボジア、ベトナム間で既に締結しているように、準備は着実に進んでいる。ASEANの残りの国々も、今年中に締結するつもりだ。」と語り、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ブルネイが2014年末にも、ビザ無しでミャンマー渡航が可能となることがほぼ確実となった。

もっと読む

ミャンマー、ベトナム間ともビザ免除目指す

ミャンマーとベトナムは二国間の友好関係と観光の増大を目指し、両国の普通旅券所持者に対するビザ免除を検討している。ミャンマーのU Wunna Maung Lwin外務大臣ならびにベトナムのPham Binh Minh外務大臣は、昨月ニューヨークにて、協議手続きに入る同意書に調印した。

ミャンマー、ベトナム間ともビザ免除目指す

ミャンマー、ベトナム間ともビザ免除目指す

もっと読む