banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの労働基準法

ミャンマーの個人所得税、外国人労働者の未納問題を提起

ヤンゴン政府、在ヤンゴン外国人労働者から所得税収入4千750万米ドル

ヤンゴン地域で労働ビザを保有し働く外国人から徴収された税額は、2015-2016年度にかけて610億チャット(およそ4,750万米ドル)以上にのぼったことをヤンゴン政府労働大臣が明らかにした。

Zaw Aye Maung氏はヤンゴン地域政府で行われた議会の会合の場でこの数値を明らかにしたが、ある議員が多くの外国人労働者がヤンゴンの財源に貢献していない事実に対して懸念を示したことを示唆した。

foreigner-tourist-myanmar もっと読む

ミャンマーの衣料品業界、1兆円輸出の妨げとなる労働問題

衣料品業界、2025年に輸出100億米ドルを目指す 依然として障壁は残る

ミャンマーは輸出収入を100億米ドル(約1兆円)まで引き上げることを期待されているが、これを達成するために100万人の労働者を新規で雇用することが大きな課題のようだ。

「CMP(Cut-Make-Package:裁断・縫製・梱包)システムの成長が不可欠です。2025年までに従業員100万人を擁する1,500の工場を稼働させ、輸出量を100億米ドルとしたい。と、ミャンマー縫製業者協会(MGMA)会長Myint Soe氏は、Kyaw Win計画・財務大臣や企業家とで開催された会合で述べた。

Myanamr garment factory もっと読む

【特別コラム】海外で搾取されるミャンマー人メイドたちの今

村を出て被害者に:ミャンマー女性 海外へメイドとして出るリスク

Biakさんと姉の Van Hnemさんは就業の機会の少ないチン州の地元の辺境の村を離れ、シンガポールへメイドとして働きに出た。チン州はミャンマーでも最も貧しい地域とされ、人口の73%が貧困基準以下の生活を送っている。

BiakさんもHnemさんも「海外へ出ることはリスクが高い」と認識していた。Leliet出身のあるメイドはサウジアラビアで6年間働きながら賃金を得ることができず故郷に戻る希望も持てずに過ごしている。これは決して特殊なケースではないという。

Myanmar maid problem もっと読む

在タイ・ミャンマー人労働者46万人の身分証「ピンクカード」が3月に期限切れを迎える

ミャンマー・タイ、3月の期限切れまでにTR38カードの期限延長に向け取り組む

タイで働く46万人以上のミャンマーの移民労働者が保有する通称「ピンクカード」と呼ばれるTR38身分証明書は、タイ・ミャンマー両国が合意に達しない限り3月に期限切れを迎える。

ミャンマー労働省の事務次官Myo Aung氏によれば、両国の関係当局は2015年12月9日と10日に会合を行い、ピンクカードの滞在期間延長に合意したが、労働者数の特定やカードの作成や配布などの他の事項に関しては、もう少し時間がかかる見込みだという。

migrant fisherman myanmar もっと読む

ヤンゴンの50%の求職者は、オンラインで職を探し始める

2週間前に開催さらたオポチュニティ・ジャーナル主催のジョブフェアーにて職務経歴書を記入した150人超の求職者へアンケートを実施した結果、就職検索サイトWork.com.mmは興味深く、明確な事実を収集し、その情報より学んだ。その事実とは、50%の求職者はもっぱらオフラインで就職情報を閲覧、25%はオンラインでの閲覧、そして残りの25%はオフラインとオンラインのどちらをも駆使して閲覧している事が明らかとなった。

オフラインでの閲覧は、ジャーナル上の求職情報を読むことをメインとしているが、求職者の中には担当者からの就職あっせんを希望してい人も見受けられた。オンライン求職者は言うまでもなく我々が運営するサイトや関連当局のサイトと言うようなジョブサイトを頼りにしている。しかし、驚くことには、求職者はこれらのサイトをダイレクトに利用していないという点にある。Facebookはアンケート回答者から繰り返し返答されるサイトの一つであり、この結果から就職サイト運営者はFacebook上に就職情報を掲載しているということを言及できる。就職情報は(又はFacebook上に掲載された情報は)ワンクリックで友人・知人の間にシェアされる。 もっと読む

オーレドゥー、ミャンマーで3万人の女性をビジネス教育

オーレドー 3万人の女性をビジネス教育

オーレドー 3万人の女性をビジネス教育

カタールの大手通信会社オーレドゥーは、携帯電話普及率が10パーセント未満のミャンマーでモバイル事業のフランチャイズを展開しようと、「女性のためのシェリー・ブレア財団」と手を組んだ。3万人のミャンマー人女性を雇用し、同国内での通信を可能した同社のプリペイド式の携帯電話の販売をしていく方針だ。

もっと読む