banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの外国人観光客

ミャンマーでのEビザシステム利用者、アメリカ人が最多に

ミャンマーのEビザシステムが導入された2014年9月以降、同システムを使用して東南アジアへ滞在する外国人の大部分が現在のところではアメリカ人であると、関係当局は述べた。

ミャンマーでのEビザシステム利用者、アメリカ人が最多に

ミャンマーでのEビザシステム利用者、アメリカ人が最多に

もっと読む

ミャンマー政府、ホテル用地を続々開発

ミャンマー政府、ホテル用地を続々開発

ミャンマー政府、ホテル用地を続々開発

観光省は国内の特定3地区でホテル開発を手掛ける事業者に開発許可を与えた。関係者によると、同省はミャンマー国内の客室数増加を目論む。ヤンゴン市内には全11のホテル用地が開発され、観光客の多いマンダレーやダニンダーリ管区にも作られる。

もっと読む

シュエダゴン・パゴダ、外国人観光客数が過去最高

シュエダゴン・パゴダはミャンマーの最大都市ヤンゴンに位置し、ミャンマー有数の観光地としても知られる仏塔。仏塔周辺には約2,500年間に渡るそれぞれ時代を反映した何百もの多彩な寺院、宗派の聖句等が書かれた卒塔婆、彫刻等が建立・奉納されている。入場料は1人8ドル(外国人観光客のみ)。

シュエダゴン・パゴダ 外国人観光客数が過去最高

シュエダゴン・パゴダ 外国人観光客数が過去最高

もっと読む

ミャンマーの観光インフラを拡大、副大統領はサポートへ意欲

ミャンマー副大統領「施設増強を」観光産業サポートへ意欲

ミャンマー副大統領「施設増強を」観光産業サポートへ意欲

近年の東南アジア全体で2桁に上る観光分野の成長を受け、「ミャンマーは観光インフラを拡大し設備を増強しなければならない」と、副大統領のDr Sai Mauk Khamは述べた。

もっと読む