banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの学校教育

三菱UFJグループが、ミャンマーの学生30名へ奨学金を支給

日系金融グループ、30名に対し奨学金を提供

三菱UFJフィナンシャル・グループはヤンゴン経済大学の30人の学生に対し、各人の研究分野における学業成績の成果に対して奨学金を支給した。

学生らは経営管理学、行政学、経済学、商業、会計学や開発学など多様な分野を専攻している。

BTMU UFJ scholarship

授賞式では三菱東京UFJ銀行ミャンマー支店長木村充宏氏が三菱東京UFJ銀行の代表を務めた。

「三菱東京UFJ銀行はミャンマーが長期的に有意義に経済成長を遂げることができるよう貢献したいと考えています。つまり銀行や金融業界のニーズに応えることのできる人材を支援、教育、育てたいと思っています。優れた成績を収めている優秀な学生に対し奨学金を提供できることを大変嬉しく思います。皆様が引き続き学業に秀で、やがて働く時には各人が有意義に貢献を行うことができることを願っています」と木村氏は述べた。

三菱UFJフィナンシャル・グループ、ミャンマーで2例目の教育貢献事業

三菱東京UFJ銀行はミャンマーにおける他のプロジェクトの中の一つとして、2015年12月上旬にMyanmar Institute of Bankingにおいてコンピュータと言語の研究室を開設した。研究室には銀行協会の加盟者がよりコンピューターの操作能力に精通し、語学力を磨くことができるよう50台のコンピュータが置かれている。

同社は三菱UFJ国際財団を通して1981年以来人材開発を目的として奨学金の提供やその他貢献活動を行っている。

元記事:Japanese Financial Group Awards 30 Scholarships
【2016年4月24日 記者: Jason M Murphy 】

<ミャンマー銀行関連のニュースも合わせてどうぞ!>

外資系銀行がミャンマーに進出、2016年に続々参入か
ミャンマーのティワラ経済特区にみずほ銀行が営業所を開設
ミャンマーの中小企業8万社へ利率8.5%で融資を行う「中小産業開発銀行」

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

日立製作所、ヤンゴン情報技術大学に「日立ミャンマーラボラトリ」を設立

日立がミャンマーでIT関連の人材育成へ、講座開設とITプラットフォームを提供

日本のハイテク企業である日立製作所はミャンマーにおけるIT専門家の育成を目指し、ヤンゴン情報技術大学(UIT)に日立ミャンマーラボラトリを設立した。

日立製作所はUITの教授や学生向けの講座を提供するための技術者を日本から派遣するだけではなく、講座で使用するサーバなどのITプラットフォームを寄贈するという。

Hitachi Myanamr もっと読む