banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの建設業界

クボタ、ティラワ工業団地の水資源開発に寄与

クボタ、ミャンマーの工業団地建設に寄与

ミャンマーは2011年に軍事政権から民政に移行したのち、経済成長に対する自由貿易政策や急激な海外投資の拡大を続け、現在2,400ヘクタール以上の場所で工業団地や商業施設の開発を進めている。

先進国と同様のインフラを築くことが目的で、海外投資の誘致、雇用の創出、そしてゆくゆくはこの考え方をミャンマー国内に浸透させることが求められている。クボタはティラワ経済特別区で給水、浄水、下水処理設備を担当している。

kubota-myanmar もっと読む

ミャンマーで建築基準厳格化の動き、ヤンゴン市開発委員会が主導

建築請負会社ら、団体を設けるべく結束

許認可を受けた建築請負会社のための団体が、ミャンマーの建設業界が抱える問題解決を図るべくヤンゴンで設けられる見通しだ。団体を設けるための調整会議が2016年8月末に開催され、参加者らは建設業界の企業家が現状抱える問題点や難題を話し合い共有した。

団体ではヤンゴン市開発委員会(YCDC)のライセンス取得に関にする問題点の解決を図りながら、企業家の代わりに関連する当局にその他の問題点を提起することを目的としている、と団体の委員会メンバーでありYadana Shwe Tun Construction Companyの社長であるHla Sein氏は述べた。

yangon-construction-building

(写真)ヤンゴンのスレー・パゴダ通りの建設現場

「まず企業から提案を集め、参加候補企業が全て団体に参加できるよう声をかけていきます。会合後に方針や規則を制定する予定です」とHla Sein氏は述べた。

新設される建設団体により不正減少を目論む

団体では所属する企業に対して質の高い高層ビル建設を促進し、不正行為を行う建築請負業者を排除し、加盟メンバーに対して関連する組織の指示や規則を遵守するよう働きかける。

YCDCは電力利用や新しい建物に関する駐車スペースの規則や規制を更新した。これにより建設プロセスや、竣工後に住民となる予定の人々に対して問題が発生している。

「課題は大変大きいものです。新規則では、建物がメーターボックスを3件以上使用した場合、建物の電力使用のための変圧器を設置する必要があるという。変圧器が住居用ビルの近くに設置された場合、人に対して電気ショックや火災などの害を及ぼす可能性があります」とZabu Thit Construction Companyのオーナーである Zaw Moe Khaing氏は語った。

駐車スペースに関する要件も、レジデンス建築時の課題に

「ほどんどの建物の敷地面積は狭く、当局では40×60平方フィートの建物に対して駐車場を設ける方針を定めました。しかし郊外地域では車を保有する住民はほとんどいません。建物全体で車を保有する住民はたった2人かもしれませんが、駐車場のために100平方フィートを確保する必要があるのです」Saydanar Construction Companyのオーナー兼社長Tin Nyunt氏は述べた。

関連する政府当局と連携する形で、同組織では建設業界の企業家らが直面する課題や問題点の解決を協力して図る予定だが、建物の点検や懲戒手順に関する責任は負わない予定だ。同団体の委員会によれば、現在ヤンゴン地域における建築請負業者は1,200に上るという。

元記事:Contractors Band Together to form Association
【2016年9月27日 記者:記者: Zin Thu Tun 】

<ヤンゴン都市開発のニュースも合わせてどうぞ!>

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)、新マーケット建設時に駐車場併設を義務化
ヤンゴン都市開発委員会(YCDC)が建設会社の違法廃棄を厳罰化
ヤンゴンでの建築許可申請が減少、銀行借入の難しさと規制強化が原因か

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマー不動産とインフラ整備・TOP

三菱・Yomaがヤンゴン再開発事業「Landmark Project」に着手

三菱商事・Yoma、2012年以降放置されていた開発事業に着手

三菱商事と三菱地所は、ヤンゴン中心部における大規模複合再開発事業である「Landmark Project」に正式に署名したことを発表した。既存の賃貸契約の延長が大幅に遅れていたが、ミャンマー政府から通知を受けた。

プロジェクトはYoma Strategic Holdings Ltd及びFirst Myanmar Investment Co Ltd(FMI)により開発が進められる。Yoma、FMIの両社ともに、財界の重鎮であるSerge Pun氏が所有するSerge Pun & Associates Ltd Group (SPA Group)の関連会社である。

Mitsubishi joint venture Yangon もっと読む

ヤンゴン都市開発委員会(YCDC)が建設会社の違法廃棄を厳罰化

YCDC、汚染行為を行う建設会社に厳しく対応

ヤンゴン都市開発委員会(YCDC)建築局によれば、廃棄物や残された土砂・汚泥などを組織的に処理しない建設現場は厳しく罰せられる。違反者に対する罰則は廃棄物の問題の深刻さにより罰金や免許の停止を科せられると言う。罰則は、2015年10月より既に実施されている。

YCDC construction building もっと読む

ミャンマーの不動産物件取引は停滞傾向、アパート価格が低下

ミャンマー不動産の物件契約は低調

ミャンマーの不動産業者らによれば、現在市場は冷え込んでおり、値下げをしても不動産物件の契約を結ぶことは難しい状況だ。

「ミャンマーの不動産市場は現在停滞しています。建設案件は減少しアパートメントも安価になってきていますが、ミャンマーの不動産物件販売は伸び悩んでいます」ヤンゴンで不動産業を営むiMyanmar Coの社長Nay Min Thu氏は言う。

Myanmar apartment market もっと読む

ヤンゴン市内に違法建築が急増、2,000件以上が既に立件済み

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)、建設現場の偽造建築許可証に対応

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)によれば、ヤンゴンの建設業者は同委員会が作成した建築許可証を標識として掲げる必要があるという。今後は自分自身たちで作成した建築許可証を掲示することは禁ぜられる。

「違法な偽造許可証を掲示し、建築業者がヤンゴン市開発委員会の許可があると装う事例がこれまでは実際に見られた」と、同委員会は語った。

property construction real estate building もっと読む

ミャンマーの建設会社が品質に基づき格付けされる、アセアン経済共同体(AEC)を見据えた動き

ミャンマーエンジニアリング協会の当局者によれば、来年には地元の建設会社らに対して検査が行われ、品質に基づき「格付け」が行われる予定だ。「各社のエンジニアの資質や使用されている技術が精査され、格付けが行われる」と、ミャンマーエンジニアリング協会のAung Myint副会長は語った。

ASEAN経済共同体(AEC)に参加する準備にあたり、建設業界が地元の土木技術者を格付けを行う必要があります。建設会社も合理的根拠に基づき、格付けが行われる予定です」とAung Myint氏は説明する。

property construction real estate Yangon もっと読む

仏ラファージュ、ミャンマー、スリランカ、バングラディッシュにおけるセメント市場調査実施へ

ミャンマー等の新興国でセメント市場調査実施へ

仏セメント、コンクリート製造企業であるラファージュ社のマレーシアにおける関連会社では、ミャンマー、スリランカ、バングラディッシュ、モルジブ、モーリシャス、及びインド洋近隣諸国でのセメント輸出市場調査を検討している。

もっと読む

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)、違法建築業者に対策

YCDC 違法建築業者に対策

YCDC 違法建築業者に対策

ミャンマー最大都市ヤンゴンのヤンゴン市開発委員会(YCDC = The Yangon City Development Committee)は、規則に反する建築物に関しては、その所有主だけでなく建設作業員等を含む建設過程に関与する全てに対する法的処置を行うことを示唆している。

もっと読む