banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの法律

ミャンマー新会社法の施行で株主の権利を強化

ミャンマー新会社法「権力を乱用する経営者に対して株主が行動する権利を供与」

投資企業管理局(DICA)およびアジア開発銀行(ADB)幹部によれば、ミャンマーの新会社法の施行によりミャンマー国内でビジネスを展開する企業の規制や運用面の多くで変更が求められる見込みだ。

ここ数年で見られるミャンマーの急激な成長をを英国、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、香港などと同様の法律に合わせることで十分に利用し、民間部門を近代化することが改革の目的だ、とアジア開発銀行ミャンマー支店長Winfried Wickelinとの共著を雑誌Frontierの論説記事で掲載した投資企業管理局局長Aung Naing Oo氏は記事の中で述べた。

yangon property market もっと読む

世界的DJ、著作権侵害が蔓延するミャンマーでの知的財産権発展に期待

DJ Armin van Buuren氏、著作権侵害が蔓延するミャンマーでの知的財産権発展に期待

世界的に高い評価を受けているDJ、Armin van Buuren氏は今現在知的財産の侵害を指摘するのは時期早々であるとしながらも、将来的に経済が整った時点で著作権の課題を真剣に検討する必要があると述べた。

世界的に有名なDJであるArmin van Buuren氏はヤンゴンでのはじめてのパフォーマンスに先立ち、アーティストやミュージシャンの知的財産権の保護にミャンマーの指導者らが力を注ぐことに期待すると述べた。

Armin Van Burren at Yangon もっと読む

ミャンマーで特定認可企業を法人税免税とする動き

ミャンマー投資委員会、新たな非課税法案を提示

ミャンマー投資法案によれば、ミャンマー投資委員会(MIC)に承認された企業は各州や地方域の決定に基づき、期間限定の免税措置が取られる見込みだ。

投資企業管理局(DICA)事務局長は、外資・地元の投資に対する免税措置は各州や地方域の経済水準により決められる方針だ。ミャンマー投資員会が承認した投資事業はゾーン分けされ、免税措置は各州や地方域が決定すると言う。

yangon-investment

「投資法案では全事業に対し、直接所得税の免税措置をとる事はしません。政府が投資がより必要とされている事業分野に対し、投資する企業等へ所得税の免税措置を提供します。教育部門で投資が必要であれば、教育関連企業の免税措置を提供します」とAung Naing Oo氏は述べる。

免税期間はゾーン制によって分類される

ミャンマー投資委員会は地方域の経済水準に基づく区分けを発表した。最も開発が進んでいない地域は、事業を開始した年を含め継続して7年間「ゾーン1」として指定される。

適度に開発が進んでいる地域は「ゾーン2」とされ、5年間の免税措置が適用される。「ゾーン3」は開発が十分に進んでいる州や地方域で、3年間の免税措置を受ける資格を有する。

ミャンマーでは3度目となる免税措置

1998年の外国投資法と1994年のミャンマー市民投資法にて、過去免税措置は3年間取られていた。ミャンマー投資委員会はより多くの投資を誘致しようと試みるなか、委員会では2011年以来投資委員会が承認した外国・地元の事業に対して5年間の免税措置を提供してきた。

「ミャンマーにおける全事業に対して免税措置をとるべきでしょうか。税金は国内の開発活動を進めるうえで非常に重要であるため、業種ごとに5年間の免税措置の期間を見直すのです」とAung Naing Oo氏は述べる。非課税案や規則・規制を含むミャンマー投資法案はすでに議会に提出されている。

元記事:MIC Puts Forward New Tax Exemption Rules
【2016年8月27日 記者:Zayar Nyein】

<関連リンク>

ミャンマーの税制 (JETRO)
ミャンマー投資ガイド (PWC)

<ミャンマー投資の関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマー マネーロンダリング防止中央委員会を組織
ミャンマー証券取引委員会、証券取引所のトレーニングセンター設置へ
ミャンマーで未承認の新規株式公開が横行

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ミャンマーのドローン開発

ミャンマーのドローン開発 関連法の整備を待つ

ミャンマー国内では違法であるにもかかわらず、ドローンの利用者は増え続けている。

ミャンマー航空宇宙工科大学(MAEU)無人航空機研究室によれば、個人用にドローンを製造・売り込みたい地元企業は、製造を始める前に法案が通過し承認されるのを待っている状態だ。

drone Myanmar law

(写真)パリ西部ブローニュの森の開放保安区域で開催された第4回Intergalactic Meeting of Phantom’s Pilots (MIPP)にて、カメラを搭載したDJI製のファントム・ドローン。

 

「ミャンマー国内の技術を利用する、海外のドローン輸入とは別の市場です。顧客の需要は既にあります。無人航空機研究室(UAVRD)室長のThae Thae Maung博士によれば、関係省庁や法律の承認、地元市場向けの価格設定を検討していると言う。

研究室では9人の研究者とドローン製造に関する研究を行っており政府の承認を待っている状態だ。省庁の予算はドローン製造に利用される。

国際的なドローンの認証を取るべく、研究開発を進める

「商業的には独自の立場をとることはできません。政府の他部門からの要望により本件に取り組むことができています。また国際的に認められたドローンの証明書を取得することを試みてきました」と氏は付け加える。

研究室では消防隊との消火活動への利用、自然災害が発生した地域の空中写真やドローン制御の訓練に関してドローンの研究を行っている。

現時点ではミャンマー国内ではドローンの利用は禁止

前政権時代にドローン利用者の数は増え続けたため、安全上の問題もあり国内で禁止されていた。Thae Thae Maung博士によれば、ミャンマーのドローン法案はすでに発表済みだが、航空局、税関、商業省、内務省など関係省庁との協議や提言が求められるという。

法律を制定にあたり品質基準、コントローラーの性能、その他関連する安全性の問題が議会で話し合われるべき主要な課題だ。国際的には重量が2kgを超えるドローンとそのオペレーターはライセンスが必要だが、2kg以下のものは不要。ミャンマーのドローンのほとんどは2kg以下。

元記事:Myanmar Drone Development Still Needs Legislation
【2016年6月23日 記者:Phyo Thu】

<関連リンク>

「ドローン」とは、元々軍事用に開発された自律移動する端末ロボットのうち、小型の無人航空機(UAV)のことを指し、近年では商業用や、民間利用も増加傾向にあります。 (出所:「ドローン」と「ラジコンヘリ」の違いは?)

<ミャンマーの経済のニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマーでスタートアップ向けに低コスト賃貸オフィスが開業
ヤンゴンでグレードA商業施設「スーレ・スクエア」が2016年8月オープン
ヤンゴンでICTシティ開発計画、ソフトウェア開発に優先的に取り組み

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

森濱田松本法律事務所がミャンマー進出、日系で2例目

日本4大法律事務所と称されるうちの「森濱田松本法律事務所」がミャンマー進出に係る準備を進めている。日本の大規模法律事務所としては昨年5月の西村あさひ法律事務所以来2例目で、森・濱田松本法律事務所の海外事務所進出は中国(北京、上海)、シンガポール、タイ(バンコク)に続いて4ヶ国目となる(バンコクは事務所ではなくデスクのみ)。

もっと読む

ミャンマー大手法律事務所のJFグループ、国際会計事務所BDOに加盟

JFグループ、国際会計事務所BDOに加盟

JFグループ、国際会計事務所BDOに加盟

企業監査および会計コンサルティングを手がけるJFグループ(ミャンマー大手法律事務所)がBDO(ブリティッシュ・ダーツ・オーガナイゼイション、世界五大会計事務所の1つ)に加盟したことが明らかなになった。

もっと読む