banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの経済見通し

ミャンマーのミレニアル世代、ロボットの産業界進出を予測

ミャンマーのミレニアル世代の将来のキャリア、デジタル技術、ロボットによる置き換えに対する考え方:調査

ミャンマーの若者が「将来のデジタル技術がもたらす見通しが楽しみである一方、2020年には人としてのスキルが未だ優先される」と考えていることが6カ国を対象に行われたオンラインの調査で明らかとなった。

調査ではミャンマーやアジアの若者はテクノロジーの重要性を認識しているものの、自身のキャリアを成功に導くためにはテクノロジーと人的技術の両面が必要だと考えていることが認められた。

myanmar-youth-power

ミャンマーを含むアジア6カ各国を対象として行われたTelenorグループのオンライン調査ではデジタル技術関連の職業に対する関心は大変高く、全回答者が「ロボットが将来仕事の一部を担うこととなる」と述べた。

調査では将来のキャリア、技術がもたらす影響と将来の職業に備えてどのようなスキルが必要とされるかに関して、ミレニアル世代の考え方を評価した。

ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。 ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味。 おもに米国で1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されています。

多国間にわたる「将来の仕事」に関する今回の調査はミャンマー、バングラデッシュ、シンガポール、マレーシア、インド、パキスタンの6カ国で15歳から25歳の4,200人の若者を対象として行われた。

ミャンマーではミレニアル世代の69%がインターネットやデジタル技術の将来に向けたチャンスに対して「楽しみ」である一方、13%の人々が「楽しみだが注意深く見守るとしている」と回答した。

ミャンマーの若者もロボットの産業界台頭を予測

回答を寄せたすべてのミャンマーの若者は参加した他のすべての国と同様に、ロボットが将来多くの職業において人間にとって代わるだろうと答えた。どの職業においてロボットが人間の代わりとなる確率が高いかとの質問に対しては、地元ミャンマーの41%の回答者が製造業やエンジニアリング業界が最も機械にとって変わられるだろうと答えた。

またミャンマーのミレニアル世代は技術が牽引する未来に関して高い関心を示した。ミャンマー、パキスタン、バングラデッシュ、インドのすべての若者は「技術のあらゆる面を理解することが大切で、できる限りのことを学びたい」との質問に同意した。この内ミャンマーの若者の回答者は34%と4カ国の中で最も多い割合を示した。

「若者が技術やそれによりもたらされるチャンスに対して敬意を表しているだけでなく、自分自身も思いやりがあり、大変想像力があると考えていることは素晴らしいことです。技術やインターネットが自身のキャリアにとって極めて重要と考えているだけではなく、大変興味深いものであるということは非常に意欲的なことだと言えます。有能で前途有望な若者が、活気溢れるこの地域で将来の仕事に対して大きな貢献を行おうとしていることは、Telenorグループのアジアに対する見方と全く同じです」とTelenorグループデジタル能力人材育成部を率いる佐藤氏は語る。

元記事:Myanmar’s Millennials Assess Future Careers, Digital Technology Impact And Robotic Replacement Risk: Survey
【2016年10月17日 記者:Thant Zin 】

<ミャンマーのテクノロジー関連ニュースも合わせてどうぞ!>

Telenorの通信ネットワーク、ミャンマー・ラカイン州で拡大
【特別コラム】スマートフォンがミャンマーの生活を変える
ミャンマーのドローン開発

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

米国によるミャンマー制裁措置が緩和へ

アウンサンスーチー、オバマ大統領の制裁措置緩和の公約を受け投資を呼びかけ

ミャンマーの指導者であるアウンサンスーチー氏は、2016年9月15日に米国企業へ対し、ミャンマーの民主主義への転換を促す手段としてミャンマーに対する投資を行うよう促した。米オバマ大統領が長年に渡る制裁措置を緩和するとの公約を発表した翌日のことだ。

アウンサンスーチー氏は、「外国投資で経済発展は加速される。5,000万人以上の人口を抱えながら貧困にあえぐミャンマーにとって、民主主義は生活を改善し変化をもたらすために必要なものだ」と訪問先のワシントンで述べた。

aung-san-suu-kyi-mbt

(写真)米ワシントンのルーズヴェルト高校訪問時の討論会にて、学生らに語りかける国家顧問アウンサンスーチー氏

 

「経済的成功をもたらすことが、軍部を含めミャンマー全国民に対して、民主主義を進めることがミャンマーにとって最善の方法であることを示す方法の一つなのです」と、アウンサン氏は米・アセアンビジネス協議会主催の夕食会でビジネス関係者、外交官、政府当局者らに対して述べた。

「政治の転換を成功させるためには国民の経済に対する期待を満足させなければならないのです」と氏は付け加える。

1997年の米国によるミャンマー制裁措置が緩和へ

制裁措置は1997年ミャンマーの前身であるビルマ時代に導入された。何十年にもおよぶ軍事独裁政権が制裁措置反対派を抑え込み、人権を軽視していた時に行われたのだ。

アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟は、過去25年間ではじめて自由な国民投票が行われた2015年11月の総選挙において圧倒的な勝利を収めた。

しかし、ノーベル平和賞を授与されたアウンサンスーチー氏は経済ビジネス面での改革が行われず、包括的な経済政策を推し進めることが出来ていないとして民間部門から批判を受けていた。オバマ大統領は9月14日に残されたミャンマーにおける制裁措置を解除すると述べた。

制裁解除でミャンマーに対する米国企業の進出が加速

アメリカによる経済制裁が解除されれば、以前は禁止されていた米国企業が、ミャンマーで最も有望な実業家を含む企業や個人とのビジネスが行えるようになる。

「今はまだ制裁措置を緩和すべきでないと考える人もおり、ある意味では政治的なリスクと同規模の経済的リスクを伴うと言えるでしょう。しかし今こそ国民が自分自身を信じ、友好国と手を携えて前進すべきだと考えています」と、アウンサンスーチー氏は今回の決定に対する意見を述べた。

ミャンマー軍事政権とつながりがあるとされるコングロマリットAsia Worldは、オバマ大統領の制裁解除の公約に対して歓迎の意を表した。「AWC (Asia World Company) は、制裁措置が解除でさらにミャンマーの経済成長と海外投資を拡大できるを期待しています」と同社は電子メールで回答を寄せた。(ロイター通信社)

元記事:Suu Kyi Calls for Investment After Obama Pledges Sanctions Relief
【2016年9月20日 記者: Timothy Mclaughlin】

<ミャンマー経済のニュースも合わせてどうぞ!>

縫製に特化した新経済特区をミャンマー産業省が設立へ
ミャンマーで特定認可企業を法人税免税とする動き
ミャンマーで住宅供給量拡大、不動産バブル後のデフレが続く

ミャンマービジネストゥデイ・TOP
ミャンマーの金融と海外投資・TOP

ミャンマーで住宅供給量拡大、不動産バブル後のデフレが続く

ミャンマーで住宅供給量拡大 住宅ローン金利を押し上げ

不動産市場における供給量が拡大するにつれ、不動産オーナーは新たな競争に直面している。ミャンマーでは、不動産バブル後のデフレがもたらされ、住宅購入者が不足しているために多くのオーナーが土地を抵当に入れようとしている。

不動産市場は2000年から取引が発展し始め、2014年初頭には最高価格に達した。非常に高価で購入者は市場に入り込むことができなかったため、2014年後半に市場は大幅に落ち込んだ。

real-estate-yangon もっと読む

ミャンマー国内で初となる「投資家の日」ミーティングが開催

Myanmar Investments International Limited社は先週、初めてとなる「投資家の日」会合(インベスター・デイ)をヤンゴンで主催した。

2015年10月12日、ヨーロッパやアジアから機関投資家や富裕層の投資家らがパークロイヤルホテルに会し、ミャンマーの経済や政治状況の最新の情報とともに、経済の主要部門について掘り下げたプレゼンテーションが提供された。

ミャンマー「投資家の日」ミーティング

ミャンマーの経済見通し」のテーマのもとに行われた基調講演のディスカッションには、ミャンマー中央銀行副総裁のSet Aung氏、国際金融公社(IFC)駐在代表のVikram Kumar氏、アジア開発銀行主席駐在スペシャリストのPeter Brimble氏が登壇した。

会議では小売、メディア、観光、不動産、インフラ、通信、天然資源、金融サービス、法律といったミャンマーの様々な業界から16人のリーダーを迎え、数多くのプレゼンテーションやディスカッションが行われた。イベントには合計で60人以上が参加した。

最後にMyanmar Investmentsの取締役Aung Htun氏と財務担当取締役Mike Dean氏が同社の製品ラインアップや投資プログラムに関する概要説明を行い、終日行われた会議を締めくくった。

Aung Htun氏は「『投資家デー』に多数のグローバルに活躍する投資家の皆さまにお越しいただいたことからわかるように、引き続きミャンマーへの海外投資家の関心は高いことがわかった。投資家デーでは参加した投資家らに対し、ミャンマーの将来性について情報を多く提供することができただけではなく、幅広いミャンマーのリーダーや企業家らと直接意見交換を行う機会を提供できた」

Myanmar Investmentsはミャンマーで営業する、もしくはビジネスを行う機会のある企業に対する投資を目的として、ロンドン証券取引所のAIM市場に上場されている。

2013年6月以来、同社は3,000万米ドルもの投資額をミャンマーに集め、通信塔の企業である Apollo Towers Pte Ltdや小規模金融企業であMyanmar Finance Company Limitedなどに対してすでに投資を行っている。

【2015年10月21日 記者:Zwe Wai】

ミャンマーのテイン・セイン大統領、開発協力の呼び掛け

テイン・セイン大統領はミャンマーが完全な民主主義への移行として開発パートナーに対し政府と協力することを強く要請した。包括的調整を通し発展を加速することをテーマとしたミャンマー開発協力フォーラムがネーピードーで開催された際に、経済成長の持続のため組織的管理の必要性を説明した。

ミャンマー政府は2014-2015年度会計のGDP成長率を9.1%と予想し、ミャンマーの援助・サポート・支援が必要とする開発優先事項の指針に沿った5ヵ年計画を効率化し、より効果的な開発を試みる。

テイン・セイン大統領、開発協力の呼び掛け

テイン・セイン大統領、開発協力の呼び掛け

もっと読む

IMF ミャンマーのGDP予想成長率引き上げ、かかるインフレ懸念

IMF ミャンマーのGDP予想成長率引き上げ、かかるインフレ懸念

IMF ミャンマーのGDP予想成長率引き上げ、かかるインフレ懸念

国際通貨基金(IMF)は先週、サービス業と製造業の急成長により現在成長率は7.5%に、そして来年度は7.75%にまで達するだろうと述べた。パリに拠点を置く金融業者は以前からミャンマーの3月末までの財政は6.75%まで成長すると予想していた。

もっと読む