banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ヤンゴン不動産

ミャンマー最大の経済都市ヤンゴン。人口521万人が暮らし、ヤンゴンで暮らす在留邦人はここ数年で倍増。2016年時点で約2,500人前後が生活しています。新興都市らしい価格変動が大きく、法律面が整備される過程にあるヤンゴン不動産市場。目まぐるしく変わる不動産マーケットの最新情報を紹介します。

ミャンマーの不動産物件取引は停滞傾向、アパート価格が低下

ミャンマー不動産の物件契約は低調

ミャンマーの不動産業者らによれば、現在市場は冷え込んでおり、値下げをしても不動産物件の契約を結ぶことは難しい状況だ。

「ミャンマーの不動産市場は現在停滞しています。建設案件は減少しアパートメントも安価になってきていますが、ミャンマーの不動産物件販売は伸び悩んでいます」ヤンゴンで不動産業を営むiMyanmar Coの社長Nay Min Thu氏は言う。

Myanmar apartment market もっと読む

ヤンゴンの人口は今後15年で倍増、住宅需要は高まる一方

ヤンゴン人口増加、郊外を近代化すべく都市基本計画を策定中

ミャンマー国内の市町村向けに、新しい都市基本計画が建設省によって現在策定されていると、建設省副長官Daw Moe Thida氏が不動産セミナーにおいて語った。

「ミャンマーではヤンゴンのみが発展を遂げています。他の都市にも投資家の関心が集まるように仕向けなくてはなりません。ヤンゴンの人口は他の都市に比べ不均衡に伸び続けています」と、Daw Moe Thida氏は付け加えた。

Yangon property real estate urban planning もっと読む

「ミャンマー・プラザ」、ヤンゴンで最新鋭デパートが2015年12月にオープン

ベトナムの不動産開発業者であるホアン・アイン・ザライ(HAGL)は、4億4400万ドル(約550億円)相当の資産価値のあるミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)の一部を12月上旬にオープンさせる予定だ。

ミャンマー・プラザを「ヤンゴン初となる国際的な商業施設体験」と宣伝するHAGLは、幅広い海外や地元の小売店や生活スタイルの直販店を目玉とする一方で、国内で最大のフードコートを擁する。またオーストラリアを拠点とするコーヒー・チェーンであるグロリア・ジーンズも出店するという。

HAGL Myanmar centre property real estate Myanmar Plaza shopping mall もっと読む

ミャンマーの建設会社が品質に基づき格付けされる、アセアン経済共同体(AEC)を見据えた動き

ミャンマーエンジニアリング協会の当局者によれば、来年には地元の建設会社らに対して検査が行われ、品質に基づき「格付け」が行われる予定だ。「各社のエンジニアの資質や使用されている技術が精査され、格付けが行われる」と、ミャンマーエンジニアリング協会のAung Myint副会長は語った。

ASEAN経済共同体(AEC)に参加する準備にあたり、建設業界が地元の土木技術者を格付けを行う必要があります。建設会社も合理的根拠に基づき、格付けが行われる予定です」とAung Myint氏は説明する。

property construction real estate Yangon もっと読む

ヤンゴン新都市(Yangon Myo Thit)計画に国内三社が入札

ヤンゴン地方域の国家計画・経済開発省によれば、三社がヤンゴン新都市(Yangon Myo Thit)プロジェクト建設の入札に参加した。

「当初50社が入札の申込書を持参しましたが、提出することができたのは三社のみでした。後の対応は入札評価委員会が行います。」と、ヤンゴン地方域の国家計画・経済開発省大臣のThan Myint氏は語った。

ヤンゴン新都市(Yangon Myo Thit)計画に入札 もっと読む

シンガポール企業、ヤンゴンで巨大施設「ゴールデン・シティ・プロジェクト」建設

シンガポール不動産会社 ヤンゴン市内に巨大施設建設計画

シンガポール不動産会社 ヤンゴン市内に巨大施設建設計画

シンガポールの不動産会社「ゴールデン・ランド(Golden Land Real Estate Development)」が、ヤンゴンで高い建築技術による公営団地建設の計画を進めている。

もっと読む

ヤンゴンの不動産賃料上昇、労働者・学生たちの苦悩は続く

賃料上昇、苦悩するヤンゴンの労働者・学生

賃料上昇、苦悩するヤンゴンの労働者・学生

ヤンゴン市内では、国中から上京する労働者や学生が利用する手軽な価格の住居の確保が困難になっている。国の商業機能がヤンゴンに集中しており、不動産の賃料が高騰しているためだ。

もっと読む

ヤンゴンのスター・シティのアパート、Bゾーンが入居開始

スター・シティのアパート、Bゾーンが入居開始

スター・シティのアパート、Bゾーンが入居開始

新しいアパートタイプの部屋が、スター・シティ住宅開発地区で完成し、入居がはじまった。同地区は、ヤンゴン市のタンリーン・タウンシップに位置し、1,350エーカーもの広さを誇る。

もっと読む