banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ヤンゴン不動産

ミャンマー最大の経済都市ヤンゴン。人口521万人が暮らし、ヤンゴンで暮らす在留邦人はここ数年で倍増。2016年時点で約2,500人前後が生活しています。新興都市らしい価格変動が大きく、法律面が整備される過程にあるヤンゴン不動産市場。目まぐるしく変わる不動産マーケットの最新情報を紹介します。

ヤンゴン市、各地の不動産価格の上限を設定

ヤンゴン 連続爆発事件にも「前に進むだけ」

ヤンゴン 連続爆発事件にも「前に進むだけ」

不動産業者によると、ヤンゴン地方政府は不動産価格の上限を設定することを決めた。これは、マンダレーの不動産市場で起きた事例の波及効果を阻止するためだ。不動産市場のコスト上昇を受け、外国人投資家によるミャンマーへの投資が冷え込みつつある。

もっと読む